デイトレで順張りの買い目に入り損ねない逆指値注文の使い方

b47fd05945138319e99a9308fbf1912d_s

スポンサーリンク

指値注文はあなたも

よく使っていると思うのですが

逆指値注文”を使ったことはありますか?

 

 

順張りの戦略でトレードをしていくには

なかなか使い勝手のいい取引方法なんですね。

 

 

まだ使ったことのない方は

指値と逆指値の違いをまとめたこちらで

概要を覚えてみてください。

株の指値と逆指値の違いと効果的に使うための具体例まとめ

 

 

 

特にデイトレードをする人

動きの速さについていけない…

またあそこで入り損ねた…

という経験がある方は一見の価値ありだと思いますよ。

スポンサーリンク

順張りこそ逆指値の生きる道

順張りでエントリーするのなら

逆指値注文がとても便利です。

 

 

逆指値は順張り以外にも

損切りなどで活躍してくれるんですけど

 

順張り+逆指値」をセットで考えておく

格段にいいところでポジションが取りやすくなりますので

 

 

 

順張り戦略の時が

逆指値が一番機能する場面かなと

私は思っております。

 

 

長期なのか短期なのか

はたまたデイトレードなのか

投資スパンによっても変わってくるのですが

 

 

投資スパンが短くなればなるほどに

特にデイトレードでは入り損ねが命取り

 

 

ちょっとトイレに行って離れている5分の間に

状況が全く違うなんてことはよくありますし

 

 

せっかく

パソコンの前に張り付いていたのにもかかわらず

判断に迷っている1分の間に暴騰・暴落も全然あります。

 

 

ちょっとでも有利にしたいからと

少し下げてくるのを期待して

指値注文を入れるんですけど

 

 

高値を更新した

勢いのある上昇って

全然止まることを知りませんね。

 

 

もうこれ以上の上げは…

なんて観念して成行注文に切り替えると

一転下げにやられてしまう…

 

こんな経験はありませんか?

 

 

私はこの間

シャープで飛びついてやれました…

あれは完全に反省大賞です。

 

 

 

デイトレでの順張りでは

ひと山の半分も取れれば十分過ぎるくらいで

エントリーしたら即の利益確定が鉄則かと思います。

 

イメージはこんな感じでしょうね。

 

junbari-daytrade-entrypoint

 

実際にやってみるとしたら

こんな感じにするといいでしょう。

 

 

銘柄は特に意味はないです。

他の銘柄でも基本的に狙いは一緒です。

 

 

本日2016年2月18日前場の

値上がり率が良かったので

「3742:ITブック」を例にします。

 

 

2016-02-18_124535

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

 

このチャートは“5分足”で

黒い点線の間が2月18日の

寄り付きから前場引けまでです。

 

 

 

最初の460円付近での

高値超え狙いの順張り

最初から狙っていないと難しいでしょう。

 

 

ここで475円くらいのところで

値上がりランキングに乗って目がついたからと

慌てて買いを入れてしまうと

 

 

その後の

押し目の下げであわあわすることになり

人によっては損切りしちゃうかもしれないですよね…

 

この損切りはムダなコストでしょう。

 

 

あとは

480円でまた止まるんじゃないかな?

と悠長なことを考えているうちに

 

今度は止まらずに上昇してしまって

490円とか500円くらいで飛びつくというのも

まあ良くないパターンでしょうね。

 

 

また同じように

いつ押し目の下げをくらうかわからない

そんな状況に変わりありません。

 

 

この場面で

デイトレの順張りで行くなら

 

 

押し目買いからの上昇を狙って

高値を超えた481円に逆指値を入れておき

確実にこのポイントで入るということが大切です。

 

 

そして

利益確定は先ほど言ったように

ひと山の半分も取れれば十分ですので

気持ち的には500円くらいでしてもいいくらいですね。

 

 

とは言うものの

510円がこの日のストップ高でした。

 

これ以上、上はないので

デイトレならここは確実に利益確定しましょう。

 

 

 

このようにですね

デイトレの場合は特に

入りのポイントがなかなかシビアで

乗り遅れ、入り遅れ要注意というわけです。

 

 

一方

数か月単位で考える

中期・長期投資であれば

逆指値が絶対ではなくなります。

 

 

もちろん

逆指値を使ってもいいですよ。

 

 

2016-02-18_221233

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

 

逆指値で順張りにエントリーした方が

含み損になりにくいいいところで

ポジションを取れますので

 

精神的には

かなりゆとりが生まれますね。

 

 

それでこそ

じっくり上値を追えるというものでしょう。

 

 

 

ただ

上ヒゲのダマしをくらうこともあるので

そこは注意しなくてはいけないですね。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ