上昇トレンドを逆張り押し目買いで取るためのダウ理論の使い方

2016-02-19_1739271

スポンサーリンク

上昇トレンドの逆張り押し目買い

 

買い目線で入るのであれば

最も損失になりにくく、利益になりやすい

非常に優れたエントリーポイントとなりますね。

 

 

ですが

逆張り押し目買いで入るには

どこで下げ止まるのかを予想しなくてはならないです。

 

 

ここかなと思うタイミングで入っても

なかなか株価が下げ止まらずに

あたふたと慌ててしまったり

 

 

そうすると今度は

しっかりと反発を確認してから

買いを入れようと意識すると

 

 

なかなかエントリーの決断が出来ず

逆張りで押し目買いするつもりが

 

 

結局、順張りで入っているなんてことも

経験があるのではないでしょうか?

 

 

そこで

今回は上昇トレンドの局面で

逆張り押し目でのエントリータイミングを計る

ダウ理論の使い方をご紹介していきます。

スポンサーリンク

ダウ理論で見る上昇トレンドの傾向

ここでは

ダウ理論の細かい情報は省き

トレンドを把握することを目的とした

簡略的なお話をしていきますので

 

 

株式投資初心者の方にも

お付き合いいただけたらと思います。

 

 

ダウ理論を表面的に捉えて

トレンド局面を見るとすると

 

 

上昇トレンドでは

安値と高値が順々に上がっていき

上向きの流れを作ります

※“安値・高値が切り上がる”といった言い方もします。

 

 

2016-02-19_173927

 

 

実際の株価は

ここまできれいにはなりませんが

 

 

この傾向が続いている限り

トレンドの継続”と考えます。

 

 

高値と安値が切り上がる”ということが

上昇トレンドを意識するうえで最も重要なことです。

 

 

なんとなく

株価がいくらいくら上がったからとか

ストップ高になったからとか

それだけで判断するのは禁物です。

 

 

ストップ高の翌日にストップ安

なんてことも目にする光景ですよね。

 

 

安易な判断は命取りになりますので

控えるようにしてくださいね。

 

 

それでは

上昇トレンドの傾向が分かったなら

それをどうやってトレードに活かしていくのか?

エントリータイミングの見極めに使っていきましょう!!

 

 

今回は

上昇トレンドでの逆張り押し目買い

これがテーマでしたね。

 

それでは

ダウ理論を使って逆張り押し目買いの

エントリータイミングを計っていきましょう。

 

前回高値を目安に逆張り押し目買い

逆張りの押し目買いをすると言っても

結局、どこでエントリーしたらいいのか

タイミングが分からない…

 

 

まずダウ理論では

高値・安値の切り上がりをサイン

上昇トレンドの傾向を掴むんでしたね。

 

 

高値・安値が切り上がる

前の安値に行くまでの間に買えばいい

 

 

つまりは

高値をつけて株価が下げてきたのなら

そこはもう逆張り押し目買いで入っていい

エントリーポイントだということです

※損切りラインの設定も必須ですが

 

 

身も蓋もない話かもしれませんが

上昇トレンドのフォローで利益を取るということは

次の上げを期待してエントリーを決めるわけです。

 

 

極論を言えば

前回の高値・安値の間で買えば利益になる

という考えだということです。

 

 

でも

この考えが出来ない人は

必ず底で買いを入れよう”なんて

出来もしないことを妄想してしまうわけなんですね。

 

 

とは言ってもですね

極力含み損を抑えるために

逆張り押し目買いをするわけなので

出来る限り底に近いところでエントリーしたいわけですよ。

 

 

そのための目安というものを

設けさせていただきましたので

採用するかどうか検討してみてください。

 

 

その目安というのが

前回高値での逆張り押し目買い

ということになるんですね。

 

 

2016-02-19_181934

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

 

こちらは

ソフトバンクのチャートになります。

 

高値・安値が切り上がり

長期的に上昇傾向が続く中

前回高値まで株価が押してくることが多い

ということがわかりますね。

 

 

これは

非常にうまく機能している一例であって

 

前回高値に達する前に反発したり

前回高値を大きく割り込むこともあるので

 

 

そこを目安にして

上下どのくらいの幅を許容するのか

そのあたりを探っていく必要がありますね。

 

 

現状では

検証不足ですので

その許容する値幅をどうするか

明言できかねますが

 

近日

検証してみたいと思います。

 

 

ちなみに

さいごの押し目買いポイントは

ちょっと危ない感じがしますよね。

 

高値・安値切り上げが不十分に

なりつつあるところです。

 

 

 

ここまで読んで下さったあなたも

本当に高値近辺で押し止まるのか

ご自分で検証してみてください。

 

 

人から聞いただけでは

いざ取引となったときに判断が鈍ります。

クリックしかけて手が止まってしまうのは良くありませんよ。

 

 

あそこで判断しておけば…

では遅いですからね。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ