売るときと買うとき株の1約定ごとにかかる手数料の仕組み

1yakujo-tesuryo

スポンサーリンク

株の取引にかかる手数料の仕組みは

1約定ごとにかかるものと定額制のものと

証券会社によってもまちまちになっています。

 

 

しかも

証券会社の手数料の紹介で

書かれている注意書きでは

 

少しずつ表記が違っていたりして

ちょっとわかりにくかったりしますね…

 

 

楽天証券

1回の取引金額ごとに計算

 

SBI証券

1注文の約定代金に対して手数料がかかります

 

ライブスター証券

1注文の約定代金に対する手数料

 

 

 

まず

約定代金ってなに?

というところから

 

2016-02-20_213432

 

 

 

実際に取引をしたら

いくら手数料がかかるのか

よくわからずみんな不安になっています

 

2016-02-20_213329

2016-02-20_213403

 

 

そこで

売るときと買うときとで

株の1約定ごとにかかる手数料の仕組みについてご紹介していきます。

 

 

こういう取引をしたら

そのときの手数料はどうなるの?

という疑問がありましたらコメントにてご質問ください。

都度、更新して回答させていただく所存です。

スポンサーリンク

株取引の1約定ってなに?

まずは

株の取引における1約定について

ご紹介していきたいと思います。

 

 

1約定とは

  • 売りであれば売り
  • 買いであれば買い

 

 

一つの注文での売買が成立したら

1約定として数えます

 

 

 

例えば

100円で100株の買い注文を出していて

取引が成立して購入した時点で1約定です。

 

100円×100株=10,000円

10,000円が約定代金となります。

 

 

さらに

その100円で購入した株を

110円で売り注文を出して

110円で売れたとしたらそれも1約定

 

 

今の取引で

買いと売りで合計2約定したことになります。

 

 

もし

買いと売りを1日の内に済ませたとしても

それは別々の取引なので2約定と数えます。

 

 

また

100円の株を500株買ったとすると

それは1度の注文での売買なので

1約定として数えます。

 

 

ですが

100円の株を100株ずつ5回に分けて

注文を出し、合計500株買ったとすると

それは5約定と数えます。

 

 

取引例で見る1約定ごとの手数料

1約定ごとの手数料で見ると

ライブスター証券が安いので

 

そちらを例にして

取引にかかる手数料を計算してみます。

※現物株取引での手数料です。

 

 

約定代金 手数料(税込)
10万円まで 80円(86円)
20万円まで 97円(104円)
50万円まで 180円(194円)
100万円まで 340円(367円)
150万円まで 400円(432円)
300万円まで 600円(648円)
300万円超 800円(864円)

 

 

例1

500円の株を100株購入

550円で売ったとすると

 

 

買うときと売るときとで

2回約定しているので

手数料は取引2回分かかります。

 

買うときの約定代金は

500円×100株=50,000円

 

売るときの約定代金は

550円×100株=55,000円

 

 

買うときも売るときも

10万円以下の約定代金なので

手数料は86円が2回で172円かかります。

 

 

例2

500円の株を1,000株購入

550円で1,000株売ったとすると

 

 

この例も同様に

買うときと売るときとで

2回約定しているので

手数料は取引2回分かかります。

 

 

買うときの約定代金は

500円×1,000株=500,000円

 

売るときの約定代金は

550円×1,000株=550,000円

 

 

買うとき

50万円以下の約定代金なので

手数料は194円となり

 

売るとき

100万円以下の約定代金なので

手数料は367円となり

 

合計で561円かかります。

 

 

例3

500円の株を1,000株購入

400円で500株、600円で500株売ったとすると

 

 

買うときに1回と売るときに2回

合計で3回約定していますので

 

3回分それぞれの約定代金に対して

手数料がかかります

 

 

買うときの約定代金は

500円×1,000株=500,000円

 

売るときの約定代金は

400円×500株=200,000円

600円×500株=300,000円

 

合計の約定代金では

同じ50万円の取引ですが

それぞれで手数料がかかり

 

 

500円で1,000株買う

50万円以下の手数料194円

 

400円で500株売る

20万円以下の手数料104円

 

600円で500株売る

50万円以下の手数料194円

 

合計で492円かかります。

 

 

 

 

冒頭でご紹介した質問のように

10万円の株を700株一度に買ったとすると

10万円×700株の約定代金で1回分の手数料がかかります。

 

 

700株を1注文でまとめて買えば

1回の約定とカウントされます

 

 

これを

注文を別々にして

100株ずつ7回買うとすると

10万円×100株の約定代金で7回分の手数料がかかります。

 

 

 

また

もう一つの質問例のように

注文は10株まとめて出しているのに

1株ずつしか約定しなくて

 

 

結局、半分の5株だけ一部約定した場合

ケースバイケースになってきます。

注文してた株が一部約定する理由とその時の手数料の計算方法

 

 

 

1回の取引金額で~とか

1注文の約定代金に対して~とか

 

手数料の説明が証券会社によっても違いますが

おおむね同じことを言っていると思っていて

間違いないでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ