イナゴが去りゆく現在進行形の株価チャートの動きを追ってみる

2016-03-13_172527

スポンサーリンク

2016年3月11日の株価チャートにて

去りゆくイナゴを補足しました。

イナゴの動きを追ってみます。

 

 

去りゆくイナゴが観測されたのは

マネーパートナーズグループのチャートです。

 

2016-03-13_172527

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

 

賢いイナゴは

利益を食い散らかして

逃げた後のようですが

 

 

どうやらまだ残存しているイナゴ

遅れて新規にやってきたイナゴ

この2者もいるような様子です。

 

 

株価800円のところで

迷子になりそうなイナゴたちが

どのような動きを見せるのか

随時、観測結果を更新したいと思います。

 

 

その前に

2016年3月13日時点で

今後の予測を立ててみます。

スポンサーリンク

イナゴの動き予想【2016年3月13日】

まず

マネーパートナーズグループに

なぜイナゴが集まって来たかと言うと

 

仮想通貨”が貨幣として認定されるのでは

という材料による期待感からです。

仮想通貨関連銘柄とビットコイン関連銘柄

 

 

 

そして

イナゴが去り始めたきっかけ

3月8日実施の増担保規制によるものが考えられます。

 

2016-03-13_213847

[出典:JPX信用取引に関する規制等]

 

 

保証金率70%以上

うち現金比率40%以上

強めの増担保規制ですね。

 

 

  • 仮想通貨を材料視する考えがどれだけ続くか
  • 増担保規制解除のタイミングはいつか

 

この2点が今後の動きに

大きな影響を与えてくるはずです。

 

 

考えられるパターンは3つ

①:イナゴは完全に過ぎ去った

2016-03-13_213037

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

 

イナゴは完全に過ぎ去ってしまったあと

出来高も減少し株価は勢いを失い

ジリジリ下げるだけです。

 

 

元々の価格帯400~500円くらいで

また落ち着くのではないでしょうか。

 

②:イナゴが再結集する(早期)

2016-03-13_212925

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

 

増担保規制解除などをきっかけ

再度、仮想通貨を材料に上昇

 

 

去ったイナゴが戻ってきたり

新に吸い寄せられたイナゴで

ダブルトップを作る形で再結集し

 

 

前回高値付近の1,000~1,200円くらいで

やはり勢い届かずイナゴが去りゆくパターンです。

 

③:イナゴが再結集する(晩期)

2016-03-13_213551

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

 

一度完全に去ったように見えたイナゴが

実は鳴りを潜めていたイナゴが

あるタイミングで再結集

 

 

仮想通貨だけでは材料が弱く

テクニカルサインなどをきっかけ

上昇する可能性があります。

 

 

青い線が75日移動平均線ですが

株価が500~600円くらいまで下げた時に

ちょうど75日線に接するくらいに

なっているんじゃないかと。

 

 

けっこういい目安になるかなという感じです。

 

 

 

仮想通貨を本格的な材料とするには

まだ不透明な部分も多いので

 

 

現在のところ私の見解としては

②のパターンが濃厚ではないかと踏んでいます

 

 

特に増担保規制の解除

イナゴ再結集のきっかけとなる

そんな予測を立てています。

 

 

それでは

どんなイナゴタワーが出来るのか

都度チャートの確認をしながら

動きを追跡したいと思います。

 

3月25日時点のイナゴ状況

前回イナゴの動きを予想したときから

10営業日が過ぎました。

 

3月25日金曜日が終了した時点で

イナゴたちの動きはどうなったかというと

こちらのチャートをまずご覧ください。

 

2016-03-28_024336

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

 

この10日間

一瞬陽線が出てイナゴ再集結か

と思わせる場面もありました

 

大きく上げることも下げることもなく

最終的には横ばいとなりました。

 

 

どうもイナゴは去ってしまった後

ここからもう一度すぐに伸びるということは

なさそうな雰囲気のするチャートです。

 

 

前回は2番の動きになるかなと

そんなイメージを持っていました

どうやらズルズル下げていく1番の感じがしますね。

 

 

そして

4月にかけての動きですが

 

710円の底値のラインがあるので

そこを抜けるのかどうなのかが

最初の重要ポイントとなり

 

 

上値は上げても900円までは伸びず

800円~850円が上限目処かなと

 

 

その後

下げていくと550円くらいのところで

75日移動平均線とぶつかりそうなので

 

 

そこで反発するかどうか見極めたい

そんなところになるでしょうか。

 

3月30日時点のイナゴ状況

先週末に予想したばかりなのですが

今週に入ってちょっと様子が変わってきて

もう一回のイナゴ再集結もあるなということで

状況を一度確認しておきたいと思います。

 

 

3月29日終了時点のチャートがこちらです。

 

2016-03-30_024229

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

 

一昨日、3月28日が配当の権利取り日

昨日、3月29日が配当の権利落ち日

 

権利取り日、権利落ち日が

よくわからないという方は

こちらをご参照ください。

もう迷わない株の権利取り日・権利落ち日・権利確定日の違い

いつ買えばいいか分かる株主優待の権利取り日一覧【2016年版】

 

 

3月28日朝方に発表があって

未定としていた期末配当が

5.5円出ることになっていました

 

 

これで年間11円の配当となり

昨年の8円から3円の増配で

その分上げるのかなと思いきや

28日はあまり反応がありませんでした

 

 

なので

昨日の権利落ち日でまた

ズルズルと下げていくのかなと

そんな目論見があったわけですが

 

 

思惑とは反対に配当落ち分を

もろともせずに上げてきて

チャートの形はいい感じに

ダブルボトム”になりました。

 

 

これを見て

もう一回上げてくるのかな

イナゴの再集結もありそう

ちょっと予想修正となりました。

 

 

赤線で示した“ネックライン”を

このまま超えてくるかが見所でしょう。

 

 

超えたなら前回高値の1,200円まで

一気にイナゴが集まり出す

そんな印象のチャートです。

 

 

前より大群が押し寄せるのか

はたまた2段イナゴタワーになるのか

今週は要注目ですね。

 

 

明日、870円のネックラインを抜けたら

買ってみるのもありかもと思いますが

どうなるでしょうか・・・

 

4月4日時点のイナゴ状況

先週いい感じの形に

ダブルボトムが出来上がり

 

 

ネックラインを抜けてくるのか

注目していたわけですが

抜けてきましたね。

 

2016-04-05_020034

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

 

先週発表のあったPayward Inc.との

ビットコイン関連の出資について話がまとまり

その材料を受けての上昇のようです。

 

 

三角持合い気味に下値を切り上げつつ

ダブルボトムのネックラインを超えてきて

なかなか強い上昇を見せてくれそうな

チャートの形に進化してきました。

 

 

ただ

急騰するには

出来高が少々物足りないので

 

 

イナゴの再集結があれば

一気に行きそうです。

 

 

ひとまずは

前回高値付近の1,200円あたりを

第一目標に見据えつつ

 

 

ビットコイン(仮想通貨)関連の

材料がさらに出てくるようなら

2,000円とかまで伸びるかもですね。

 

4月12日時点のイナゴ状況

ダブルボトムのネックラインを上抜けて

このまま勢いに乗って上昇するか!

と思うチャートでしたが

 

 

日経平均の急落の後を追うように

また底値の価格帯まで下げてきました

 

2016-04-13_021509

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

 

4月6日の大きめな陰線が

トレンドラインに触れたところで

反発してくれば三角持合いで

上昇に向けていい形になったんですが

 

 

あっけなくブレイクして

底値ライン付近で停滞中です。

 

 

出来高も乏しく

イナゴの再集結とは

ならなかったように思えます。

 

 

底値ラインを割るようだと

イナゴが集まるどころか

どんどんいなくなって

ズルズルと下落しそうです。

 

 

今月中にまた

ビットコイン(仮想通貨)関連の

ニュースが入ってくれば

状況は変わるのでしょうが

 

 

このままだと

高値更新はなさそうです。

 

4月19日時点のイナゴ状況

2016-04-20_004301

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

 

今週のはじめ18日

ついに700円付近の底値ラインを

割り込む形になりました

 

 

この日は

日経平均株価も500円以上の大幅安

その影響もあったかもしれませんが

 

 

19日は一転して

前日の下げ分を取り戻すように

およそ600円の大幅上昇となりました。

 

 

しかし

マネーパートナーズの株価

日経平均の大幅上昇には反応せず

底値ラインを割り込んだまま

跳ね返すことができませんでした

 

 

 

逃げ遅れたイナゴが

じわじわと最後の逃げをしている

そんな状況のようです。

 

 

最初の3つの予想の中では

②に近い動きとなりましたかね。

 

 

このままズルズルと

下落していくように思います

 

 

ひとまずは

イナゴは去ったものとして

一旦終了とします。

 

 

 

ただ

ひと月後くらいには

またイナゴが再集結する

可能性もありますので

 

 

今後の動きとしては

75日移動平均線(青)に

ぶつかるところで反発するか

ひとつ見どころとなるでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ