【特・注・前・S】株の板情報でたまに見かける文字の意味

2016-03-05_215604

スポンサーリンク

ある日、板情報を見ていたら

いつもはないはずの文字がある

なんて発見をしたことはありませんか?

 

 

”、“”、“”、“Sなど

見慣れない文字が現れることがありますが

 

 

特別異常なことが起きているわけではなく

ある条件下では表示されるものですので

ひとまずご安心ください

 

 

それでは

板情報に突如出現する文字の意味を

ご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

【特・注・前・S】板情報に出た文字の意味

板情報はザラ場中の

株価の値動きがチェックできて

デイトレーダーにとっては重要なものですね。

 

 

株式投資を始めたばかりのころは

 

板情報を見ているのも

“お!動いてる、動いてる~”

とけっこう楽しかったように思います。

 

 

実際に取引を始めると

ドキドキ感の方が強くなったでしょうか。

 

 

そんな

値動きチェックの必須アイテム「板情報」に

“特”、“注”、“前”、“S”との文字

出没することがあるんですね。

 

 

初めて見ると

ん、なんだ?どうした??

心配になるかもしれませんが

 

 

先ほども述べましたように

なにかおかしな事態になってて

緊急を要するということではありません。

 

 

株の注文状況などが

ある条件になると

 

株価の動きを調節する目的

取引を中断させたときのサイン

あれらの文字ということになります。

 

 

それでは

“特”、“注”、“前”、“S”について

それぞれの文字の意味を見ていきましょう。

 

板情報に「特」が出たときの意味

」というのは

特別気配”のことを意味しており

 

 

買い注文、売り注文のどちらか片方に

大量の注文が出る

 

いきなり株価が大きく変動しないように

取引を調節する時間が設けられます

 

 

それが特別気配であり

その間は板情報に「特」と表示されます。

 

2016-03-05_215604

[出典:松井証券]

 

 

前日に決算発表や事故といった

ビッグニュースが出たときなどの

寄り付きの板で良く見られます。

 

 

取引時間中に出ることもありますが

あまりお目にかかる機会はないでしょう。

 

 

 

通常の出来高が少なく

1日に数千株の銘柄に

数万単位の成行注文を入れると

特別気配になることはあるように思いますが

 

板情報に「注」が出たときの意味

」というのは

注意気配”のことを意味しており

特別ヤバいものではありません。

 

 

特別気配と同様

株価の急な変動を抑える目的

 

直前の約定値段から

一定以上離れた価格で注文が出たとき

一時的に取引を中断するものです。

 

 

 

 

特別気配は大量注文が原因なのに対し

注意気配は注文が少なすぎるために起こります。

 

 

ほとんどの銘柄では

板に並ぶ株価は先ほどのように

連続しているのですが

 

 

 

1日の出来高が数百株しかなくて

下手したら取引がない日もあるような銘柄では

約定すると次の注文の出てる株価まで

大きな開きがあることがあります。

 

 

例えば

いま1,714円で売り注文が入り

約定したとすると

 

2016-03-05_220525

 

 

次の買い注文の出てる株価1,624円まで

株価に開きがあります。

 

 

このケースのように

現在値が1,714円のこの状態で

続けて1,624円の売り注文が出ると

一気に株価が飛ぶことになりますので

 

2016-03-05_220538

 

 

その場合に

もう少し1,714円に近い買い注文が

出るのを待つことになります。

 

 

板がスカスカなときにする

株価の調節が注意気配で

板には「注」の文字が表示されます

 

 

ここまで注文の少ない銘柄は

そもそもその存在自体を知らない

ということも多いので

 

 

「注」という文字を見かけることは

かなり稀なことでしょう。

私はまだ見たことがありません。

 

板情報に「前」が出たときの意味

」というのは

寄前気配”のことを意味しており

 

 

寄り付き以前の時間帯に

出された注文状況を表しています

 

 

証券会社によっても違うのかもしれませんが

松井証券では寄り付き前は8時30分ころから

板に注文数が表示されるようになります。

 

 

でも「前」って

見たことないなと思ってましたが

 

 

いま調べてみたところ

松井証券では「寄」と表示されます。

そういえばそうだったかもという感じですね。

 

 

寄り付き前に板情報を見る時間があれば

週明けにチェックしてみたいと思います。

 

 

ちなみに

板情報に表示される

特とか注の文字は“株価フラグ”と言って

証券会社ごとに少し設定が異なるようです。

 

 

もう少し詳しく知りたい方は

ご自身で使っている証券会社のヘルプにて

フラグを調べてみてください。

 

松井証券とSBI証券のヘルプページは

こちらにリンクを載せておきます。

参考にしてみてください。

松井証券ヘルプ:気配表示にある略語

SBI証券ヘルプ:株式情報について(国内株式)

 

板情報に「S」が出たときの意味

さいごは「S」です。

 

StopのSで

ストップ高・ストップ安”になると表示されます。

 

 

以上

板情報で見かける文字について

ご紹介いたしました。

 

 

「特」とか「注」とか

初めて見たときはなにこれ?

心配になってしまったかもしれません

 

 

株価の急激な変動を抑えるための

特別措置ですので

 

 

これらが表示されたからといって

会社が潰れるとかそういうことでは

ありませんのでご安心ください。

 

 

 

実は「特」とかの文字のことを

“フラグ”と呼ぶのを初めて知りました。

 

 

まだまだ

知らないことも多いので

読んでくださっている読者の皆様と共に

学んでいけたらなと思っております。

 

 

“この用語ってなに?”

といった疑問などありましたら

ぜひコメント欄からお知らせください。

 

 

分かる範囲では

必ずお答えさせていただく所存です。

 

分からないことは

調べて理解するように努めますので

ご容赦いただけると幸いです。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ