株を空売りしてなぜ儲かるのか利益が出る仕組みの簡単な説明

karauri-moukarushikumi

スポンサーリンク

株は安く買って高く売るもの

買いから入り売ることで利益を出すのが

一般的な株式投資の考え方ですね。

 

 

オンライン取引が増えた今でも

この考え方が主流となっています。

 

 

しかし

昨年末以来

下落続きの日経平均

 

年初の大暴落は非常に辛かった…

という方も多かったのではないでしょうか。

 

 

買いからのエントリーしか頭にない人には

この相場で利益を出して儲けることは出来ないでしょう。

 

 

ですが

空売りで売りから入ることが出来れば

下落相場だって儲けのチャンスなんです。

 

 

ただ

先ほども申し上げたように

一般的にはまだまだ買いから入る

という人が大多数ですので

 

 

空売りをしたらなぜ儲かるのか?

利益が出る仕組みがわからない

という声も多いように思います。

 

 

空売りには

買いにはないリスクもやはりあるので

すぐに始めるには怖いな…

と感じる方がいるのも納得です。

 

 

ですので

まずは空売りでどのように利益が出て

なぜ儲かるのかその仕組みを簡単に説明しますので

 

 

空売りをしてみるかどうか

検討する一歩目にしてもらえたら幸いです。

スポンサーリンク

株を空売りしてなぜ儲かるのか?

それでは

株を空売りしたら

なぜ儲かるのかということで

 

 

証拠金だとか追証だとか

細かい専門用語は別の機会にして

 

 

利益が出る仕組みについてだけ

出来る限り簡単な説明となるよう

努力いたしますのでよろしくお願いいたします。

 

 

 

株の本などで説明されている

空売りはというと

 

証券会社から株を借りてきて

後から買い戻して返却する

 

というものですね。

 

 

 

言葉にするとよくわからないので

例を見てみましょう。

 

 

1,000円の株を100株空売りしたとします。

 

そうすると

まずあなたは証券会社から

100株の株券を借りることになります。

 

 

続いて

1,000円で100株売るので

1,000円×100株=10万円

 

売った代金10万円を得ることになります。

※借り物なので実際に10万円が口座に振り込まれるわけではありません。

 

 

空売りをした時点

あなたの手元にあるのは

借りてきた100株の株券ではなくて

売った代金の10万円ということになります。

 

 

その後

100株の株券

証券会社に返さないといけないので

株を買い戻すという作業が必要になります

 

 

2016-02-26_214227

 

 

 

100円下がった900円

買い戻したとしましょう。

 

 

買い戻しの購入にかかる金額は

900円×100株=9万円

 

 

このときに

先ほど空売りで得ていた10万円を使って

買い戻すとすると

 

10万―9万円=1万円

 

差額分の1万円が利益となります。

 

 

買戻した時点で

手元には100株の株券と1万円の現金

 

 

証券会社から借りていた

100株の株券を返せば

1万円の現金だけが残ります

 

 

以上が

空売りで儲かる一連の流れ

 

 

高く売っておいて

安く買い戻すことで

利益が出る仕組みです。

 

空売りで利益が出る仕組みをゲームで例えてみた

先ほどの説明で

空売りでなぜ儲かるのか

分かってきたでしょうか?

 

 

“うーん…イマイチだなー”

という方がいらっしゃったら

次の例の方がしっくり来るかもしれません。

 

 

先ほどの株券のやり取りを

ゲームのソフトで例えてみます。

※モラル上よろしくないことが起こりますが、あくまで例ですので目をつむってください。

 

 

A君は友人B君から

あるゲームを借りて遊んでいたところ

 

 

そこに

友人C君が家に来たので

一緒に遊ぶことにしました。

 

 

友人C君はそのゲームにドハマりし

自分も欲しいと買うことにしましたが

近くのゲームショップには売っておらず

C君はゲームを買うことが出来ませんでした。

 

 

どうしても諦めきれないC君が

A君にゲームを売ってくれないかと

頼みに来ました。

 

 

A君は

2,000円で売ってあげるよ”と

B君から借りていたゲームを

C君に売ってしまいます

 

 

1週間後には

B君に返す約束をしていました

 

A君は3日後にそのゲームが

1,000円で特売されることを知っていました

 

 

なので

3日後に1,000円で同じゲームを買戻し

1週間後にはB君にゲームを返却しました。

 

 

A君はゲームを

2,000円で先に売っておいて

後で1,000円で買い戻したので

差額分の1,000円が利益となりました。

 

 

以上の

A君、B君、C君のゲームのやり取りが

 

私たちと証券会社で

株券のやり取りをしているのと一緒で

空売りで利益が出る仕組みです。

 

 

 

借りていたゲームを勝手に売るのは

モラル上よろしくない行為ですが

 

 

後から安く買えると確証があるのなら

株では空売りを仕掛けるべき場面なんです。

そこではモラルうんぬんは言われません。

正統な儲け方なんです。

 

 

ただし

株においては

後から安く買えるという確証はないわけで

 

 

値上がりしてしまえば損をしてしまいますので

その点は注意しなくてはいけないところです。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ