株初心者にありがちなポジポジ病の克服に必要な3つの格言

384881

スポンサーリンク

いつでもすぐに買ってしまう

ポジションを常に持ちたがる症状

造語ですが“ポジポジ病”と言います。

 

 

特に株をやり始めたばかりの初心者に多く

負け組投資家にありがちな特徴でもあります。

 

 

常に買い時の株価ということは

絶対にありませんので

 

 

タイミングを外すとすぐに含み損になり

損切り出来ないうちに塩漬け株となります

 

 

2016-04-02_195555

 

株初心者にとって

とにかく買いたい衝動が抑えられない

ポジポジ病は非常にやっかいな存在と言えるでしょう。

 

 

株初心者にありがちな

ポジポジ病の克服に必要な3つの格言

ご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

ポジポジ病の症状の特徴

ポジポジ病を克服するために

まずはその症状の特徴から見ていきましょう。

 

 

ポジポジ病の3つの特徴

  1. 急な動きに飛びついてしまう
  2. 他の銘柄が良さそうに見える
  3. 下落途中で底と判断する

 

特徴①:急な動きに飛びついてしまう

これはデイトレードをしていたり

ザラ場中の株価の動きを見ている人が

陥りやすいポジポジ病のパターンです。

 

 

今まで全く動きのなかった銘柄が

寄り付きでいきなり窓をあけて始まり

出来高が急増していると

 

これは何かあるんじゃないか

特に考えや狙いもなく買ってしまいます

 

 

そして

寄り天や行って来いのイナゴに

騙されて大損してしまうケースです。

 

特徴②:他の銘柄が良さそうに見える

これは保有している株が下落中で

上昇しそうになく塩漬け気味になっていて

他に上昇しそうな銘柄があると

それを買いたくなるパターンです。

 

 

株の入門本などでも

さかんに分散投資を勧められているので

複数の銘柄を買うことに抵抗が少なく

リスクが減ったような気になるんですね。

 

 

しかし

この分散投資は

資金の少ない個人投資家とは

 

あまり相性が良くないため

逆にリスクが大きくなるケースもあります。

リスク回避に推奨されている株の分散投資が抱える3つの落とし穴

 

特徴③:下落途中で底と判断する

ポジションを全く持っていない状態で

下落が続いている銘柄を見つけると

単純に割安感から買いたくなり

 

 

下落が完全には止まっていないのに

途中で勝手に底と判断してしまい

つい手が出てしまうパターンです。

 

 

下落の原因が業績の悪化などで

長期的に下げが続く場合だと

非常にやっかいなケースです。

 

特徴から見えたポジポジ病の原因

先ほどの3つの特徴から

ポジポジ病になってしまう原因を

一つ考えてみました

 

 

ポジポジ病になる人の傾向と

その原因となっているのは

勝とうとしすぎていること”です。

 

 

勝ちたいという意識が強すぎるあまり

勝てそうかなという考えがチラッとでも

よぎった瞬間に買い注文を入れてしまうため

ポジポジ病となっているように思います。

 

 

それでは

ポジポジ病の特徴と原因が

分かってきたところで

 

 

克服するために必要な3つの格言を

ご紹介させていただきます。

 

ポジポジ病を克服する3つの格言

ポジポジ病

勝ちたい、勝ちたい!”と

勝ちを急く気持ちが強いあまりに

ポジションを持とうとするのでかかります

 

 

2016-04-02_195947

 

 

自分で決めたルールを守り

トレードをしていたら勝てるのに

 

 

勝ちが続いてくると

人間、だんだんと欲が出てくるもので

 

 

より大きく勝ちたい、常に勝ちたいと

無意識のうちに“勝とう”とする気もちが

肥大化してしまうものです。

 

 

ポジポジ病を克服するために必要なのは

どうやってポジションを持つかという

テクニカル的なことを考えることではなく

 

 

いかに

自分の気持ちをコントロールして

ルールを守りきれる精神力を持つことです。

 

 

そのためにも

相場の格言というものは

これまでの投資家が積み上げてきた

心理を真に体言したもの

 

 

気持ちをコントロールするうえで

非常に役に立ちます

 

 

それでは

ポジポジ病を克服できるように

3つの格言をご紹介いたします。

 

格言①:相場は明日もある

この格言は

  • ザラ場中の急上昇につい飛びつく人
  • 下落の底をしっかりと待てない人

 

このような特徴のある人には

ぜひ覚えていただき

 

無闇なポジションを控えるように

していただけたらと思います。

 

 

いま正に値上がりをしている銘柄を見ると

すぐに買わないと損をするんじゃないかと

飛びつきたくなる気持ちは重々分かります。

 

 

しかし

その上昇は本物なのか

見極める時間を作ることが

非常に大事なことでしょう。

 

 

仮にその上昇を逃したからと言って

今後一切の取引チャンスが

なくなるわけではありません

 

 

いくらでも似たようなチャンスはやってきます。

そのときにこそ入り損ねないように

準備をしておくことが大切です。

 

 

下落相場でも同じですね。

明日反発するかもしれないから

今日のうちに見切り発車で買おうではなく

 

 

しっかりと下げ止まったのを確認してから

むしろ一度上げて押してきてからでも

全然遅いということはありません

 

 

相場は明日も明後日も来週も

未来永劫続いていくわけですので

一度くらい見逃したからどうと言うことはないです。

 

相場は明日もある

しっかりと覚えておきましょう。

 

格言②:休むも相場

この格言も似たようなものですね。

 

買って、売って一取引を終えたなら

一度休んで相場をよく観察しましょう

 

 

ポジションがなくなったからと言って

すぐにまた次のポジションを持とうとするのは

冷静さを欠いている可能性があるので

危険なんですね。

 

 

特に大勝ちしたか大負けしたか

どちらかのときは要注意です。

 

 

そして

株価はずっと上がり続けることは

絶対にありえません。

 

上昇したあとには下落します。

 

 

ずっと上がると思って

売っては買い、売っては買いを

繰り返しているといずれ暴落します。

 

 

チャンスはいくらでもあるので

無理にポジションを持たずに

一度下げてくるのを待ちましょう

 

休むも相場

休んでいる間に相場は出来上がるので

次の動きに備えていきましょう。

 

格言③:銘柄貧乏

この格言は

次から次へと目新しい銘柄へと

投資をしていく人を指す言葉です。

 

 

雑誌やテレビのニュースで仕入れた情報に

まんまと踊らされてみたり

 

 

保有株が下落している中

他の株の上昇に目移りしてしまい

別のポジションを取ってしまったり

 

たいした上昇ではないのに

飛びついた結果

 

どの銘柄も下がってしまうとなると

資金もなくなりますので身動きが取れなくなります。

 

 

信憑性のない儲け話や

根拠のないチャートの動きに

惑わされないようにしましょう。

 

 

以上

株初心者にありがちな

ポジポジ病の克服に必要な3つの格言を

ご紹介いたしました。

 

 

これらの格言を肝に銘じて

勝ちたい”を前面に押し出さずに

冷静な取引を心がけましょう

 

 

さいごに

格言とは違いますが

もうひとつ大事な名言を

ご紹介させていただきたいと思います。

 

 

下手糞の上級者への道のりは

己が下手さを知りて一歩目

 

スラムダンクの安西先生の名言ですね。

 

 

上級者になりたければ

勝ち組投資家になりたければ

まずは自分が負ける原因を知りましょう

 

 

  • ポジポジ病になぜなってしまうのか
  • なぜそのせいで負けてしまうのか

 

しっかりと認識をしたうえで

正しい知識を持ってトレードを行えば

自ずと勝ち組へと近づくはずです。

 

 

2016-04-02_221642

 

この記事にたどり着いたあなたは

もう己が下手さを知りた者です。

上級者への一歩目は踏み出しました

 

 

あとは

正しい道を繰り返し正しい歩き方で

進んで行くだけでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ