売れないと悩む株初心者にもわかりやすい売るタイミング

2016-03-18_211452

スポンサーリンク

売ったら上がるかも…

売れないと悩む株初心者にもわかりやすい

売るタイミング3選をご紹介いたします。

 

 

株式投資をしていて

一番なにに悩むのかというと

買うタイミングもそうなんですが

売るタイミングがやはり一番難しいですね。

 

 

一度でも売ったすぐ後に

株価が急騰した経験をする

 

いつ売ろうか…売ったら上がるかも…

株を購入して保有した段階から

常につきまとうこの葛藤

 

 

売れない…と思考が止まらないように

私から売るタイミングを2つご提案させていただきます。

これならと思えるものがあれば採用してみてください。

スポンサーリンク

株初心者にもわかりやすい売るタイミング

株初心者にもわかりやすい売るタイミングを

2つほどご紹介していきます。

 

 

損切りの売るタイミングについては

また別途機会を設けたいと思いますので

今回は利益確定にのみフォーカスしていること

ご了承ください。

 

 

それでは

次の2パターンを提案させていただきます。

  1. 機械的に○%上がったら売る
  2. 前の高値を目標にして売る

 

 

指値注文を入れておけば

機械的に売ることが出来るので

いつも売れない…となる方は

こちらからのスタートをおすすめいたします。

 

タイミング①:機械的に○%上がったら売る

買い注文が約定したらその直後に

すぐ指値注文で売りを入れてしまい

 

 

自分の投資心理は介入させず

機械的に売る方法になります。

 

 

○%上がったら売る

あえて数字は入れませんでした。

 

 

と言いますのも

 

投資の期間とか

許容量も個人個人で違うので

一概に10%とか決めてしまうのも…

と思ってしまったからですね。

 

 

ただ

数日から数週間くらいの短期

長くても数か月という中期

 

 

このくらいのスパンであれば

10%くらいでいいかなと

個人的には思います。

 

 

日産自動車のチャートを

ある上昇の場面で切り抜いたものですが

2016-03-18_205145

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

底値1,030円から天井1,320円

およそ28%の上昇です。

 

 

2016-03-18_205352

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

底値935円から天井1,140円

およそ22%の上昇です。

 

 

このように短期的な上昇

20%前後、15~30%の値幅で止まり

いったんの調整の下げが起こりやすい

というのが私の中での認識です。

 

 

じゃあ

10%じゃなくて20%にしといた方が

利益多くなるじゃんと思うのですが

 

 

底値で買いを入れるというのは至難の業

入りやすいのは底をつけた後に

上げた後の押し目のところ

 

2016-03-18_211452

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

 

ここが1,180円くらいで

その10%の利益というと1,298円

 

 

なので10%くらいというのが

個人的には満足のいく利益であり

天井に近いところで売れるタイミングなんです。

 

 

私は20%、30%って持ちきれないんですよ。

 

その後の調整が怖いので

もう一段の上げまでは耐えられなくて

10%くらいで利益確定したくなるんですね。

 

 

しかし

数か月から1年、2年くらい

長期にわたってホールドするのであれば

逆に10%くらいで利益確定するのは

もったいないかもしれないですね。

 

 

押したあとのもう一段上の上昇

30%、40%とか2倍くらいまで

持つのも精神的に耐えられれば

戦略的にはありでしょう。

 

私はできないですけど…

 

 

 

銘柄や相場環境によっても

上昇幅のクセやパターンも変わるので

そのあたり検証しつつご自身の許容量にあった

利益確定目標を決めてください。

 

 

それと

この売るタイミングには

一つだけルールがあります。

 

それは

一度入れた注文は動かさないこと

ここがブレると結局売れない症状が出ます

 

 

勢いよく上昇してきたからといって

最初10%に決めていたのに

20%に途中で変えると

 

15%くらいで上昇が止まったときに

さあ、どうしようか…?

とまた売れないと迷うことになります。

 

 

もし

どうしてもこれは上にくる勢いだ

10%じゃもったいないと思ったのであれば

 

10%を最低利益ラインに決めてしまって

20%に届かずに15%くらいで止まったなら

10%より上、12%とかでもう売ってしまいましょう。

 

 

タイミング②:前の高値を目標にして売る

前の高値のところで指値注文をおき

こちらも機械的に利益確定をする

売りタイミングです。

 

 

短期的にも長期的にも

高値というのは天井として

意識されるポイントですので

有効に機能しやすくなります

 

 

今回は特にですね

中期から長期くらいにかけて

利益確定で売るタイミングを計るのに使う例

としてご紹介いたします。

 

 

先ほどご紹介した場面を

日足から週足のチャートに変えると

こんな感じになります。

 

2016-03-18_215813

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

 

2つ目のところを見ていただきたいのですが

こうやってみるとまだ上昇の途中

といった感じもしますね。

 

 

①のように利益率ルールでいくなら

1,000円くらいで買って1,100円くらいで売る

となりますが

 

 

1回目の押しは耐えて

中期~長期的に持ち

前回の高値まで狙うとなると

 

1,000円から1,250円まで

10%から25%まで目標を伸ばすことが出来ます

 

 

繰り返しになりますが

やはり前回の高値は利益確定のポイントとして

意識されやすいところですので

 

 

そこを天井にして

下降に転じることが多くなります

 

いったんの利益確定として

売るタイミングにはねらい目です。

 

 

そしてなにより

見た目で判断もしやすくわかりやすいので

株初心者の方にもおすすめですね。

 

以上

売れないと悩む株初心者にも

わかりやすい売るタイミングとして

2パターンをご紹介いたしました。

 

 

利益を最大にしたいと常々思います

頭としっぽはくれてやれ”と格言があるように

底から天井まではまず取れません

 

 

始めたばかりの初心者の方であれば

まずは利益を取れる範囲で確実に

積み重ねていきましょう。

 

 

もう少し上がるかもと思っても

機械的に条件になったら利益確定

一度出した指値注文は変更しない

 

 

せっかく利益が出ていたのに

マイテンなんて一番ショック受けますので

最初のうちはこの繰り返しがおすすめです。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ