サラリーマンが株の利益20万円までの税金を無料にする方法

l_0421

スポンサーリンク

株の利益にかかる税金

いくらかご存知でしょうか?

 

 

 

株の利益には

おおよそ20%の税金がかかります。

 

 

20%という税金

高いと感じるか低いと感じるか

どうでしょうか?

 

 

サラリーマンの方は

給与の半分近く税金がかかっているので

それに比べれば低いような気もしますが

 

 

10万円の利益を出したら

2万円の税金がかかると考えると

高いような気もしますね。

 

 

 

少額の資金で投資している

個人投資家にとっては

 

 

10万円の利益を出すのも

なかなか大変なことで

 

 

やっと出た利益も

税金を引かれると

たいして増えた気がしない…

 

そんな気持ちにもなりますね。

 

 

ですが

一つ朗報があります。

 

 

サラリーマンの方

株の利益20万円まで

税金を無料にする方法があります。

 

 

条件つきではありますが

やること自体は難しくありませんので

税金を節税したいという方は読んでみてください。

スポンサーリンク

株の利益20万円までの税金を無料にする方法

 

サラリーマンの方は

給与から税金が天引きされる形で

会社で源泉徴収をされていて

 

自分で確定申告をせずに

年末調整を受けるだけの方が多いかと思います。

 

 

そして

給与以外の所得に対して

20万円までは収入があっても

税金を納めなくても目を瞑りますよ

 

という制度になっているようです。

※税務署側も全員が確定申告されては面倒だと言うこともあるみたいです。

 

 

そこで

サラリーマンの方

これを利用すると

 

株の利益で20万円まで

税金をかからなくすることが出来るんですね。

 

 

ただし

特別な控除を受ける場合

給与が2,000万円以上

確定申告の必要性があると不可能になります。

 

 

それでは

実際税金を無料にするには

どうしたらいいのかということですが

 

 

やることは一つだけで

非常に簡単なので覚えておいてください。

 

 

私もそうですけど

多くの方は特定口座「源泉徴収あり」

されているかと思いますが

 

 

特定口座「源泉徴収なし」にするだけです。

※もしくは一般口座でも可能です。

 

 

 

 

特定口座の

「源泉徴収あり」と「源泉徴収なし」の

違いはなにかと言うと

 

 

源泉徴収あり」では

証券会社が利益から税金を計算し

自動で引くシステムです。

 

 

つまりは

先ほどのサラリーマンの方は

給与から税金が天引きされて~

というのと同じようなものが

 

特定口座の「源泉徴収あり」ですね。

 

 

 

 

一方で

「源泉徴収なし」の場合

取引の都度、税金が引かれることはありません

 

 

なので

ご自分で確定申告をしないと

税金を納めない”ということになります。

 

 

ですが

先ほど述べましたように

株の利益20万円までは申告しなくても

一応大丈夫という事になっています。

※申告義務が発生しないんですね。

 

 

加えて

一般口座でも可能と

ちらっと書かせていただきましたが

 

 

特定口座の他に“一般口座”もあって

こちらも自動では税金が引かれませんので

20万円まで税金を無料にする方法が出来ます

 

 

しかし

一般口座ですと

税金の計算を証券会社側

一切してくれないので要注意です。

 

 

例えばですが

20万円以内で利益が収まると思っていたのが

思いがけない急騰によって超えてしまった場合に

 

ご自分で税金額を計算しなくてはならないので

その場合非常に面倒なことになります。

 

 

そこで

特定口座「源泉徴収なし」

おすすめさせていただいております

 

 

と言うのも

泉徴収なし」を選択していても特定口座であれば

税金の計算は証券会社がしておいてくれます

 

 

ですので

仮に20万円以上の利益が出た場合は

証券会社が税金を計算してくれたものを

申請して取り寄せるということが可能となります。

 

 

 

これから口座開設する人で

20万円の利益に届かないだろうと思えば

特定口座「源泉徴収なし」を選択すればOKです。

 

 

既に特定口座「源泉徴収あり」で

取引をしているという方は

口座管理情報の変更などから出来ると思います。

 

 

 

松井証券の場合は

口座管理のところから

こんな感じで変更することが出来ますね。

 

2016-02-11_222518

2016-02-11_222550

[出典:松井証券]

 

 

ただし

変更する場合には

注意点がありまして

 

 

いつでも変更出来る

というわけではありません。

 

 

今日は2016年2月11日ですが

2016年が始まって一度でも取引をすると

2016年分の変更は出来ません。

 

 

今申請をしたとしても

翌年の2017年分からしか

変更が効かないんですね。

 

 

 

今年はすごくうまく取引出来て

6月とかにこのまま行くと

20万円以上の利益になるなと思っても

 

 

途中で

「源泉徴収なし」→「源泉徴収あり」へと

変更をすることは出来ませんので

 

 

 

そのときは

手間はかかりますが確定申告をして

税金を納める必要が出てきます。

 

 

逆に

20万円以上の利益を出せると

思っていたのに

 

 

10月くらいになって

やっぱり無理だと思っても

 

 

そこから

「源泉徴収あり」→「源泉徴収なし」への

変更も出来ません。

 

 

その年の内に

「源泉徴収あり」⇔「源泉徴収なし」

変更は双方向共に出来ないので

 

 

自分の資金との兼ね合いなども考えて

どのくらいの利益が出せるか検討してから

行うようにしてください。

 

 

自分がどのくらい利益を出せるかわからない

という方は

 

私の考える基準を参考にしてみてください。

 

 

 

1年間で20万円の利益を出すとなると

少なくとも100万円以上の資金がないと

相当難しいと思います。

 

 

 

 

仮に

100万円の資金で

20万円の利益を出したとすると

年利は20%です。

 

 

銀行の普通預金の年利が

0.02%とか言うのと比べると

100倍なわけですよ。

 

 

1か月の給料分くらいでしかないので

20万円という数字だけ見ると

そこまですごく感じないかもしれませんが

 

 

 

投資資金にもよりますが

低額資金で取引している個人投資かであれば

年利で見たら莫大な利益だということですね。

 

 

100万円以上の資金がない人は

ほぼほぼ株で20万円の利益は出ないと思いますので

 

 

今回ご紹介した方法で

税金を無料にすることをおすすめいたします。

 

 

もし

利益が10万円だったとしたら

かかる税金は20%で2万円です。

 

 

10万円の利益のうち

2万円が税金で取られずに

手元に残ると考えると

けっこう大きな気がしませんか?

 

 

 

サラリーマンの方は

ご自身の目標利益を検討の上

税金を無料にする方法を試してみてはいかがでしょうか。

 

 

ただし

株の利益20万円未満において

あくまで申告義務がないというだけで

 

特別な控除を受ける場合や年間所得によっては

確定申告をする義務が発生することがありますので

その点はご注意ください。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ