【GU・GD】株式投資用語の基礎知識⑥【本に書いてない略語編】

2016-04-15_225052

スポンサーリンク

始める前に知っておきたい

株式投資用語の基礎知識シリーズ

 

第6弾

GU”、“GDなど

本に書いてない略語編をお届けします

 

 

GUやGDなどの略語

会話などで耳にしたことがなくとも

目にしたことがあるかと思います。

 

 

某掲示板などでけっこう使われますが

株式投資の本などには書いておらず

 

 

初めて見ると

なんだこの用語?”と

思ったことはないでしょうか?

 

2016-04-15_220717

 

この5つの略語についてご紹介いたします。

  • GU
  • GD
  • GC
  • DC
  • VC
スポンサーリンク

本には書いてない株式投資用語の略語

今回ご紹介する株式投資用語の略語は

主にネット上で使われているもので

ニュースやセミナーなどで

著名な先生が使うことはないでしょう。

 

 

基本的には覚える必要はありませんが

一度確認しておけば“ああ、これね”と

覚えられるものばかりですので

軽く流し読みだけでもOKです。

 

 

さきほどの5つの略語の中で

知らないものがありましたら

サラッと確認してみてください。

 

GUとは

GU”というのは

Gap Up(ギャップアップ)”の略語で

窓開けしての上昇を意味しています

 

 

ギャップアップ自体は

株式投資用語としても普通に使われており

前日終値よりも翌日寄り付きが高く始まり

ローソク足が離れたときのことですね。

 

 

2016-04-15_223117

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

こちらのチャートは

今週の日経平均株価ですが

2日連続GUと強い上昇を見せました。

 

 

大引け後に好決算発表などがあり

翌日の寄り付きが高値で始まることが

予想されるときなど

 

明日はGUして始まるな、買いだ買い!!”

という風に使われることがあります。

 

GDとは

GD”というのは

Gap Down(ギャップダウン)”の略語で

窓開けしての下落を意味しています

 

 

ギャップダウンも

株式投資用語として普通に使われており

前日終値よりも翌日寄り付きが低く始まり

ローソク足が離れたときのことです。

 

2016-04-15_223732

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

こちらのチャートは

昨年8月の日経平均株価ですが

連続で300円近いGDと暴落を見せました。

 

 

大引け後に重大な事故などがあり

翌日の寄り付きが安値で始まることが

予想されるときなど

 

明日はGDするぞ、今のうちに売っとけ!!

という風に使われることがあります。

 

 

GUとGDは対の関係ですね。

 

GCとは

GC”というのは

Golden Cross(ゴールデンクロス)”の略語で

 

指標の上抜けを表現する際に用います

 

 

最も代表的なのは

移動平均線のゴールデンクロスで

どの投資の本を読んでも書いてあるほど

テクニカル分析の基礎中の基礎とされています。

 

2016-04-04_211118

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

このように

移動平均線のゴールデンクロスは

上昇トレンド入りを示唆する

テクニカルサインですが

 

 

短期トレードにおいては

ゴールデンクロスを過信するのは

あまりおすすめ出来ません

短期投資でゴールデンクロスを買いシグナルにすると失敗する理由

 

DCとは

DC”というのは

Dead Cross(デッドクロス)”の略語で

指標の下抜けを表現する際に用います

 

 

先ほど

ご紹介した移動平均線以外にも

MACDなどの指標でも使います

 

2016-04-15_225051

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

基本的には

デッドクロスで下落トレンド

ゴールデンクロスで上昇トレンド

と指標はトレンドを把握出来ます

 

 

現在の日経平均相場のように

もみ合いが続いてるときには

頻繁にサインが出ますので

上手く機能しません

 

こちらもGCとDCは対の関係にあります。

 

VCとは

VC”というのは

Venture Capital(ベンチャーキャピタル)”の略語で

新興企業に対して投資を行う投資ファンドです。

 

 

未上場ときから企業に投資をして

上場後に数倍のリターンを獲得するなど

ハイリスク・ハイリターンな投資スタイルが

特徴とも言えますね。

 

 

直接株式投資とは関係のない場面で

使われていることもある用語です。

 

 

以上

始める前に知っておきたい

株式投資用語の基礎知識シリーズ

第6弾の本には書いてない略語編をお届けしました。

 

 

第1弾の時間編はこちらから

【寄り付き・大引け・ザラ場】株式投資用語の基礎知識【時間編】

 

第2弾のポジション編はこちらから

【ロング・ショート】株式投資用語の基礎知識②【ポジション編】

 

第3弾の相場編はこちらから

【踏み上げ・しこり・リバ】株式投資用語の基礎知識③【相場編】

 

第4弾の板情報編はこちらから

【見せ版・蓋をする】株式投資用語の基礎知識④【板情報編】

 

第5弾の値動き編はこちらから

【寄り天・ナイアガラ】株式投資用語の基礎知識⑤【値動き編】

 

 

掲示板などでは

略語がけっこう使われてますが

そんなに特別なことは言ってません

 

 

また

買い煽り、売り煽りの文句と

一緒に使われることが多いですが

 

慌てずに“これのことね”と

落ち着いて判断していきましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ