【空売り入門】初心者にも狙い目な銘柄の選び方3つのコツ

1

スポンサーリンク

買いは家まで売りは命まで」の

格言に代表されるように

 

空売りは難しいもの

決して手を出してはいけない怖いもの

個人投資家には敬遠されがちですが

 

 

実は

大損が出ると恐れられている

青天井の損失は机上の空論でしかなく

 

 

実際に青天井に上昇を続けている銘柄は

いまだかつてないはずです。

もう空売りは怖くない青天井になんて大損しない検証結果

 

 

 

そうは言っても

空売りで大損した経験あるんだけど!!

という方がいらっしゃいましたら

 

 

これらの原因に

思い当たる節はございませんか?

空売りで失敗する3大原因は逆張り・ナンピン・レバレッジ

 

 

 

必要以上に恐れる必要は全くなく

私は個人投資家の方にも空売りを

推奨させていただいておりますが

 

 

買いよりもリスクが大きくなりやすいのは

間違った認識ではありません。

 

 

青天井に無限大な損失は出ないと言うのは

空売りは絶対にダメだ”という極論を

すぐに口に出す方がいらっしゃるので

 

 

実際に検証してみた結果を述べみたもので

空売りが安全を保障するものではございません。

 

 

そこを勘違いして

間違った考えでトレードをしていれば

いずれ大損くらうのは目に見えています。

 

 

とは言えですね

空売りをしない投資家は

片手しか使わないボクサーと一緒

 

 

どなたが仰っていたか忘れてしまいましたが

セミナーかラジオかなにかで聞いた話です。

 

 

片手しか使わないボクサーと一緒

これは非常に分かりやすい例えでした。

 

 

利き手しか使わないボクサーのパンチなんて

まぐれ当たりの一発くらいしかないわけです。

 

 

もう1本の手でジャブを放つからこそ

狙った大振りの1発が当たるというものです。

 

 

株も似たようなもので

買い一辺倒の投資家の人って

相場の変化に対応しにくいんですよ。

 

 

下落相場に転換しているのに

いつまでも買いで勝負してる

それは負けてしまうのも当然ですよね?

 

 

前置きが非常に長くなってしまいましたが

今回お伝えしたいのは“空売り入門”です。

 

 

初心者にも狙い目な銘柄の選び方3つのコツ

ご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

初心者にも狙い目な銘柄の選び方3つのコツ

どの銘柄を空売りしたらいいのか

全く見当もつかないよ…

という初心者の方向け

 

 

空売り入門」ということで

狙いやすい銘柄の選び方のコツ

ご紹介させていただきます。

 

 

大きな特徴として

値動きが緩やかで予想外の動きをしない

そんな銘柄を選ぶのがポイントでしょう。

 

 

それでは

具体的に初心者にも狙い目な

銘柄の選び方のコツをご紹介します。

 

銘柄の選び方①:出来高が多く値動きが緩やか

出来高が多いのにも値動きが緩やか

という銘柄は

 

買いが優勢になったとしても

急激に動きが傾くということがなく

一定数の売りは出てきます

 

 

そのため

急なストップ高になりにくく

予想外の動きが少なくなりますので

 

 

予想と反した動きをしっかりと確認してから

損切りなどリスク回避に移っても

十分に間に合うのが利点です。

 

 

取引されている株数の大きい銘柄

浮動株数の多い銘柄とも言えるでしょう。

 

 

逆に

普段の出来高が少ない銘柄で

空売りをしていたとすると

 

 

決算発表など強い材料のあった時や

特に理由もなく仕手筋に狙われたときなど

いきなりストップ高になることがあり

 

 

さらに悪いことに

出来高が少ない銘柄がストップ高すると

ストップ高で張り付いてしまって

損切りしたくても出来ない恐れがあります。

 

 

さらにさらに悪いことに

最悪の場合は数日間連続の

寄り付かないストップ高などに遇うと

大損、追証の危険度が高まります

 

銘柄の選び方②:下落トレンド入りしてる

高く売って安く買い戻すことで

空売りは利益を取っていくわけですので

下落トレンド入りを狙うのは当たり前

と思われたかもしれませんが

 

 

案外これは出来ていない方が

多いのではないかなと思っています。

 

 

下のチャートのように上昇し始めのところで

逆張りで入りたくなる人いますよね?

 

 

先に言っておきますが

失敗しやすいパターンなので止めましょう。

 

2016-04-03_214025

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

 

私もここは狙ってみたくなるところです。

高値に並んできたところで

また下落するんじゃないかとね。

 

 

その後どうなったかと言うと

一気に高値を抜いてきて

上昇トレンド入りでした。

 

2016-04-03_214828

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

 

下がると思って入ったのに

予想に反した動きが出たのであれば

そのときに損切りをしなくてはいけません

 

 

ちなみにですが

このチャートはみずほFGのもので

出来高は多く値動きは緩やかな銘柄です。

 

 

 

寄り付きストップ高にはそうはなりませんので

先ほど言ったように損切りが容易ですね。

 

 

では

下落トレンド入りしてる銘柄とは

どのように判断すればいいか

基準を決めてみましょう。

 

 

下落トレンドの判断基準

  • 移動平均線の長期線が下を向いた
  • 前の安値を下回った

 

 

この二つが分かりやすいと思います。

チェックしてみましょう。

 

2016-04-03_220129

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

 

移動平均線はそれぞれ

5日赤、25日緑、75日青なので

青い線が下を向いていればOKですね。

 

 

また

赤い横線が前の安値ですので

それを下回った黒い四角の中であれば

どこで空売りのエントリーをしたとしても

そうそう大きく上に踏み上げられることはないでしょう

 

 

ただし

下落トレンドだからと言って

絶対に上昇しないと言うわけではないので

損切りのラインを置くことは必須です。

 

銘柄の選び方③:主力製品に左右されない

主力製品の売り上げが

利益に大きく影響するような銘柄は

極力避けた方がいいです。

 

 

時代や季節柄の流行によって

業績の変動が大きいような銘柄では

決算発表やニュースの情報などで

株価が急に動くことがありえます

 

 

例えば

ソーシャルゲーム関連などは

ガンホーのパズドラや

ミクシィのモンストのように

一つでもヒット作が出ると一気に伸び

 

さらに

元々の出来高が少ない銘柄だったりすると

連続ストップ高の危険性もあります。

 

 

同様な理由でバイオ関連なども

薬の特許取得などが危険でしょう。

 

 

以上

初心者の空売り入門として

狙い目な銘柄の選び方3つのコツ

ご紹介させていただきました。

 

 

これらのことを

総合的に判断すると

銀行株”とかいいかなと思います

 

 

みずほや三菱UFJなどの

メガバンク系とかどうでしょうか?

 

 

株価もそんなに高くないので

初心者の個人投資家の方にも

手が出しやすい銘柄だと思います。

 

 

さいごに

輸出関連銘柄も要注意かもですね。

特に最近は為替の動きが激しいので

値動きが左右されやすい状況でしょう。

スポンサーリンク

One Response to “【空売り入門】初心者にも狙い目な銘柄の選び方3つのコツ”

  1. あか より:

    空売りのこわされてたがあったが、少し少なくなりました。

    練習できると佐那に良い。

    何事も経験が必要です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ