2016年5月1週目の日経平均相場の振り返りと今後の予想【5月6日時点】

2016-05-09_084137

スポンサーリンク

本日は2016年5月6日金曜日

5月1週目の日経平均相場の振り返り

今後の予想をしていきます。

 

 

5月1週目はGWの合間ということもあり

全体の商い自体が少ない印象の中

先週の暴落から引き続き下げるのか

 

日経平均は探る動きの強い相場となりました。

 

 

陰線がちなローソク足が続きますが

16,000円の大きな節目は割りこまず

今週からの動きには要注目です。

スポンサーリンク

4月4週目の日経平均相場の振り返り

まずは4月4週目の

日経平均相場の振り返りからです。

 

2016-04-28_223440

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

 

年初から続く下落から

初めて高値を更新したのちに

すぐさまの大幅下落となった4月4週目。

 

 

少し押し目を見せたら

このまま上昇トレンド入りかなんて

思ったりもしていたわけですが

 

 

日銀の追加緩和見送りの発表を受け

上昇分を食うように暴落してきました。

 

 

ただ

75日移動平均線と

ほぼぴったりのところで

下落が止まったこともあり

 

 

ここで

日銀の追加緩和見送りでの暴落は

過剰反応だったとして

下げ止まる動きも出るのか…

というところでGW入りとなりました。

 

5月1週目の日経平均相場の振り返り

2016-05-09_081723

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

 

5月1週目は2日間だけの営業で

積極的な売買は見られず

16,000円を節目とするように

下げ止まりを見せようという動きです。

 

 

17,000円を超え高値も更新し

これからというところで

一気に陰線で返され

2日連続で陰線ながらも

 

 

下ヒゲは16,000円でぴったりと

ここでいったん下げ止まりたいという

チャートの意思表示にも見えます。

 

 

来週以降の動き次第では

まだ上昇もありえそうです。

 

5月2週目以降の日経平均相場の予想

前回の日経平均相場の予想でも書きましたが

まずは来週16,000円で下げ止まれるか

キーポイントとなってくるでしょう。

 

 

仮に16,000円で下げ止まりを見せれば

前回からの安値を切り上げた形となり

上昇トレンドへの復活が見えてきます。

 

2016-05-09_084137

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

 

一方で

16,000円では下げ止まれず

日経平均が下落を続けた場合

レンジの動きも考えられる局面でしょう。

 

2016-05-09_084532

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

 

下値のポイントとなるのは15,000円

 

セリング・クライマックスの形で

2月に1日触れただけで反発しており

ここを割り込まない限りは下落トレンドとも

言い切れない相場状況でしょう。

 

 

逆に15,000円をあっさりと割り込むような

5月中に下落が起こった場合には

売り主体に切り替える柔軟性

必要になるかと思います。

 

 

今年に入ってから

はっきりとした上げはまだなく

一度19,000円くらいまでは返しても

いいような気はしているのですが…

 

 

ひとまず今月の動きは

上昇とも下落ともトレンドが出ずに

レンジっぽい感じもしています。

 

 

大きく振れるのであれば

上値18,000円~下値15,000円

 

小さく振れるのであれば

上値17,500円~下値15,500円

 

 

 

このあたりで行ったり来たりの推移をした後

どちらかに撥ねるのではなかろうかと。

 

 

私も見立てとしては

今後の日経平均の相場予想は

 

5、6月とレンジの動きとなり

7,8月あたりにかけて一度上昇

年末にかけて下落に入るのではと思っています。

 

 

高値を更新したすぐ後なだけに

一気に下落トレンドに入る可能性は低く

 

来週1週間だけで見ると

16,000円で下げ止まる動きとなると見ています。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ