2016年3月の日経平均相場の振り返りと今後の予想【4月1日時点】

2016-04-01_215955

スポンサーリンク

本日は2016年4月1日金曜日

一日だけ4月が入りましたが

3月の取引が終了しましたので

 

 

3月の日経平均相場の振り返りと

今後の株価の動きを予想していきます

 

 

それにしても

難しい相場局面が続きますね…

どうしたものですかね

スポンサーリンク

3月4日時点の相場状況の振り返り

前回、相場予想をしたのが

3月第1週終了時点の3月4日

【2016年3月4日】チャートで見る日経平均株価の相場状況の考察

 

 

その日はアメリカの重要経済指標

雇用統計の発表のある日でしたね。

 

 

雇用統計の発表後は

大きく株価が動くことが多いのですが

 

 

17,000円の節目のところで足踏みとなり

今回はさほど影響もなく小幅な動きに

止まる結果となっていました。

 

 

日経平均の大局としては

引き続きの“下落トレンド

 

2016-03-04_220049

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

 

3月いっぱいは

17,000円から16,000円でボックス相場

方向感がでるにはその後のボックス抜け

といった予想をさせていただいていました。

 

 

 

では

3月が終了した4月1日段階で

どのように日経平均が推移したのか

振り返ることにいたしましょう。

 

3月の日経平均相場の振り返り

3月の日経平均株価の相場状況を

振り返っていきます。

 

2016-04-01_214619

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

 

3月の月はじめの1日は

およそ16,000円でスタートし

その後17,000円に達してからは

 

17,000円を軸にするように

前後に上げ下げを繰り返し

 

2016-04-01_215247

 

 

 

そして

最終的にはまた16,000円付近まで

下げてきたという株価の動きでした。

 

 

 

昨日3月31日までは

25日移動平均線の上で粘っていて

 

 

大きな動きは見えないものの

16,000円で上げ下げを繰り返していた

先月と比べると上げそうな動き

 

 

昨年末から続く下落トレンドは

一旦否定されたようにも見えたのもつかの間

今日、4月1日の大幅下落を受けて

 

2016-04-01_215955

 

 

3月の1か月間通しての動きは

上げて下げる長期的な行って来い

トリプルトップ気味のダブルトップ形成

 

 

また混沌としてきたな”という感じで

まだどっちとも上げ下げどっちとも

取れなくない状況です。

 

4月の日経平均株価の相場予想

17,000円前後で続いた横ばいが

4月前半は続き、75日移動平均線を抜けて

上昇に転じるような動きとなれば

 

2016-04-01_222534

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

 

非常にわかりやすい相場と

なったはずなのですが

 

本日の大幅下落によって

またもや非常に分かりづらくなりましたね…

 

 

日銀短観で企業の景況感が

大幅に悪化したことを受けての

今日の下落だったわけですが

 

 

大企業・製造業の主軸が下がると

やはり日経平均株価に悪影響する

ということのようです。

 

 

 

 

そして

今日はまたアメリカの重要指標の

雇用統計の発表もありますので

 

 

どのように市場が反応していくのか

来週初めは要注目です。

 

 

それでは

今後の日経平均株価の動き

4月の相場予想をしていきたいと思います。

 

 

日経平均株価:月足チャート

2016-04-01_224158

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

日経平均株価:週足チャート

2016-04-01_224330

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

 

まず

月足チャート・週足チャートを見る限り

長期的には以前下落の続き

下を向いていますね。

 

 

このアメリカの雇用統計を

市場が悪い方向に捉えたとしたら

一気に崩れることも考えられ

 

2016-04-01_2251510

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

 

16,000円をぶち抜けて

15,000円が一旦の目処になりそうです。

 

 

 

雇用統計への市場の反応が

そこまで悪くなく、むしろ良ければ

 

2016-04-01_225151

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

 

16,000円に達する前に反発

17,000円付近での再度ボックス相場からの

上昇のビジョンもないこともないです。

 

 

大きく下げてきたので

逆張りの買いを入れてみたい

そんな気に非常になりますが

 

 

チャートの形は崩れましたので

来週いきなりのV字回復ということは

そうそうないとは思います

 

 

4月に買いで入るのであれば

決して焦りすぎない方がいいでしょう。

 

 

16,000円で反発を期待するにしても

  • ちょっとずつ試しに買ってみるか
  • しっかり下げ止まりを見てから買うか

 

 

16,000円目掛けて無理な買いは禁物です。

 

 

先ほども言いましたが

今週が強めに下げてきましたので

16,000円を一気にぶち抜いての

15,000円までの下落も十分ありえます。

 

 

ただ

15,000円は節目として

強く意識されるはずですので

ここではさすがに一度下げ止まるかな

 

 

なので

15,000円まで下げてきたら

全力買いしてみるのも面白いかもです。

 

もちろん

15,000円を割り込んだら

損切りをセットにですがね。

 

 

以上

2016年3月の日経平均相場の振り返りと

今後4月の株価の動き予想でした。

 

 

正直言って

今日の大幅な下げで

かなり分からなくなりました。

 

 

チャートの形からすると下げなんですけど

主観で上げたらいいなという気持ちが

混じっている気がしますので

 

 

まだ

無理にポジションを持たない方が

賢明かもしれませんね

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ