2016年4月4週目の日経平均相場の振り返りと今後の予想【4月28日時点】

2016-04-29_000328

スポンサーリンク

本日は2016年4月29日金曜日

4月4週目の日経平均相場の振り返り

今後の予想をしていきます。

 

 

今週は押し目のタイミングとして

17,000円で下げ止まって

来月の上げを期待していましたが・・・

 

 

またもや一転大幅下落

乱高下がほんと続く嫌な相場です。

 

 

日銀の政策会合の結果を受けての失望売り

現状維持”では満足しないということ

ガタガタとまた下げ続けるのではと

目線の切り替えも必要でしょうか。

スポンサーリンク

4月3週目の日経平均相場の振り返り

まずは4月3週目の

日経平均相場の振り返りからです。

 

2016-04-23_023625

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

 

先週の日経平均の動き

節目としていた17,000円を一気に回復し

前回のボックス圏高値も超えてきて

上昇への強い動きを見せました。

 

 

前回の高値を更新したことで

非常に大きな局面となった4月3週目

 

これから上昇に向かうぞ!!”という

気持ちが前面に出るような形で終了

迎えた4月4週目の動きはというと・・・

 

4月4週目の日経平均相場の振り返り

2016-04-28_223440

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

 

上昇に期待を込めた4月4週目

4日間すべてが陰線、続落となり

今日の大幅な下げを受けて完全に

予想と反した動きとなりました。

 

 

昨日までの3日間は続落と言えども

前回の高値17,300円付近で止まり

わずか9日間の間に1,500円近くも

急激に上げてきたことへの押し目

 

 

上昇トレンド入りへの準備体操

言わばジャンプするための屈伸のような

上昇パワーの溜めだと考えていましたが

 

 

17,000円を一気に割り込むような

強烈な下げを喰らってしまい

安易に上昇トレンドとは

言い切れない状況になりました

 

 

前場に限って言えば

上昇に向かう形で推移しており

 

 

今日の大幅下落について

お昼に発表となった日銀の

政策会合の結果(現状維持)を受け

失望売りが出たことが要因でしょう。

 

 

特に為替に大きな影響を及ぼし

わずか数分の間に3円近く円高が進む

稀に見る大暴落となりました。

 

 

ただ

大暴落となってしまったわけですが

25日、75日移動平均線で下げ止まる形

 

 

このまま一気に下落トレンドに逆戻りと

するのは早計な気がする局面ですね。

 

4月4週目以降の日経平均相場の予想

来週はゴールデンウィークに入りますので

二日間しか取引日がありませんね。

 

本格的な動きは

ゴールデンウィーク明けからと

なるのかもしれませんが

予想していきたいと思います。

 

 

こちらは日経平均の週足チャートです。

2016-04-28_230805

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

 

 

25週移動平均線を抜けて

このまま上昇と思ってましたが

逆にはじかれるように大陰線となりました。

 

 

2016-04-29_000328

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

 

今後上昇に向かうとしたら

16,000円より上でもう一度反転し

安値を切り上げる動きが求められます

 

 

一方で

来週以降も下落が続き

16,000円を割り込むと黄色信号

 

 

前回安値の15,500円を割り込むと

赤信号点滅

 

 

さらに15,000円を割り込むようだと

今度はダブルトップの形になりますので

下落への赤信号点灯となり

下落トレンド入りは免れないでしょう。

 

 

こちらは日経平均の月足チャートです。

2016-04-29_001534

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

 

4月の1か月間の動きは

荒く動いていたわけですが

月足で1本のローソク足にまとめると

 

 

下にも上にも振れたけど

結局、初めの価格に戻してきて十字線

どっちつかずな状況なわけですね。

 

 

上にも下にもどっちにも行けそうな

そんな場面が依然続いており

 

 

5月は今後の方向を決めるうえで

非常に重要なのではないかと踏んでいます。

 

 

上に上昇するのであれば

トレンドラインの18,500~19,000円ほど

 

 

下に下落するのであれば

14,000円を目処に下ヒゲは13,000円まで

伸びてもおかしくはない感じでしょう。

 

 

方向感がホントにつかみにくいので

来月の半ばくらいまではトレードをしない

様子見期間でもいいように思います。

 

 

来月後半に上か下かはっきりしてきたら

その動きについていくように投資開始

 

 

短期スパンでやるなら

持ちすぎ注意!!

利益が出たらスパッと利確!!

この意識でいましょう。

 

 

あともう一つ考えられるのが

ほとんど値動きをしないパターンです。

 

 

昨年後半から値動き荒くなっており

ここらへんでいったん落ち着くことも考えられます。

 

 

その場合は

6月以降にまた大きく動くのか見ていくと

とにかく大きな動きが出るのを待つのが

今後必要な投資スタンスだと思います。

 

 

とにかく

あまり焦ってトレードに行かないこと

特に買い目線の人は注意ですね。

 

 

長期スパンになるほどに“”の

印象が強くなっています

 

 

連休中は極力トレードのことは忘れて

連休明けからの動きに注視するということで

気にし過ぎず楽しい連休をお過ごしください。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ