2016年5月3週目の日経平均相場の振り返りと今後の予想【5月20日時点】

2016-05-23_033952

スポンサーリンク

本日は2016年5月20日金曜日

5月3週目の日経平均相場の振り返り

今後の予想をしていきます。

 

 

5月に入ってからは

今のところ大きな値動きはなく

揉み合い”の状態が継続中です。

 

 

移動平均線も5日、25日、75日線が

お互いに重なるように近づいており

次の動きに備えているように見えます。

 

 

 

チャートを観察している限りでは

若干上に行きそうかな~”という面持ち

こちらについては後ほどお話させていただきます。

 

 

しかし

今すぐにポジションを取ってしまうと

反対に動く可能性も十分にありますので

上か下かどちらかに動くのを待ちましょう

スポンサーリンク

5月2週目の日経平均相場の振り返り

2016-05-17_084127

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

 

日経平均の動きは

GW中、16,000円でピタッと下げ止まり

16,000円が下値として強く意識されているようです。

 

 

しかし

強く上昇に向かっているかと言うと

そうでもなく上げては下げての繰り返し

 

 

上値の抵抗ラインとして

16,800円が意識されているでしょう。

 

5月3週目の日経平均相場の振り返り

2016-05-23_033134

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

 

16,800円にあたると下がる

日経平均相場の流れ

3週目に入っても継続中

揉み合いの動きです。

 

 

このラインを超えて行かないことには

上昇トレンドには入れないという

相場環境となっています。

 

 

ただ

冒頭で述べましたように

若干上に行きそうなチャートの形

なってきているように思います。

 

5月4週目の日経平均相場の予想

2016-05-23_033952

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

 

注目すべきポイント

16,800~16,850円を抵抗ラインに

下値はだんだんと切り上がる形

三角持合い”となっている点です。

 

 

上げては下げてと

上は押さえられていますが

下値は非常にキレイに切り上がり

理想的とも言えるような三角持合いの形でしょう。

 

 

来週、5月4週目の日経平均の動きに

もう一度16,800円で跳ね返された後に

この抵抗ラインをブレイクして上昇に向かう

 

 

そのまま週はじまりから

16,800円を超えていきブレイクして

上昇トレンド入りする

 

 

今後の日経平均の相場環境

上昇”へと向かうには重要な場面です。

 

 

この抵抗ラインを抜けていけるのか

十分に注目しておき、相場の流れに

しっかりとついていきましょう。

 

 

ただし

2月、3月、4月とここまで

月末にかけて大きく動く傾向にあり

 

 

一転、暴落ということも考えられますので

安易にポジションを持つことは控えてください

 

 

 

しっかりとブレイクした後にエントリー

揉み合いの直後は動きだしの見極めが

重要な判断となってきますので

 

焦らずにじっくりと

相場環境を観察しましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ