2016年8月の日経平均株価の相場振り返りと今後の予想

2016-08-08_083913

スポンサーリンク

本日は2016年8月5日金曜日

8月1週目の日経平均株価の相場振り返り

今後の予想をしていきます。

 

 

イギリスのEU離脱問題という

世界的にも大きな話題から

その影響が心配された7月でしたが

 

 

あの混乱は

もはや忘れ去られたかのように

V字回復の反発となりました。

2016年7月の日経平均株価の相場振り返りと今後の予想

 

 

 

日経平均株価の底値

15,000円が分厚い壁と再確認

より一層強く意識されるようになりました。

 

 

一方で

上値の17,000円前後の価格帯も

非常に抵抗線として強く機能し

上値も重たい状況です。

 

 

15,000円の底値と17,000円の上値

この価格帯を抜けてくるのか

はたまた揉み合いのままか

 

 

8月の日経平均株価の相場は

そこに注目していきます。

スポンサーリンク

8月1週目の日経平均株価の相場振り返り

2016-08-08_082452

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

 

7月末に17,000円に近づいた

日経平均株価ですが

 

 

そこで勢いは潰えて

上値の重さを感じますね。

 

 

しかし

16,000円の節目の株価で

下げ止まりを見せたことから

完全に弱ったわけでもないです。

 

 

揉み合いの状況からの脱却は

いまだ見えてきませんね。

 

8月2週目の日経平均株価の相場予想

2016-08-08_083913

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

 

先週末5日に発表となった

アメリカの雇用統計は

予想を上回る結果となり

 

 

週の前半をその影響で

高く始まる可能性が高そうです。

 

 

非常に重い17,000円の価格帯で

押し戻されてしまうのかどうか

日経平均株価の動きには

注目していきましょう

 

 

4月につけた直近の高値

17,500円付近を超えてくると

一旦は上昇を目指す可能性も

十分に出てきます

 

 

ただし

今週一気に抜けてくることは

少し考えにくいかなという状況。

 

 

17,000円に近付いたら押され

16,500円を軸に収まる動き

なるのではないかと思います。

 

 

下方向に動くとすると

16,000円を割り込んできたら

弱めの目線で見る必要があります

 

 

とは言え

15,000円を一気に割り込むほど

強い下げはそうはないでしょう。

 

 

よっぽど

なにか大きな問題がない限りは

下値目処は15,000円です。

 

 

 

今週の日経平均株価の注目点

下値16,000円と上値17,000円を

超えてくるのか、間に収まるのか

そこを見ておきましょう。

 

 

16,000~16,800円のレンジ幅

揉み合いは継続すると見ています。

 

 

トレードをしていくのなら

16,000円に近づいたら買い

16,800円に近づいたら売り

 

 

ともに

16,000円を割り込んだら損切り

17,000円を超えていったら損切り

という意識は必要でしょう。

 

8月2週目の日経平均株価の相場振り返り

2016-08-14_135639

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

 

先週の日経平均株価は

16,000円まで下げてからの反発

 

 

8月11日は祝日でしたので

4営業日だけだったわけですが

4日連続陽線と上昇しました。

 

 

 

 

レンジの上限16,800円近辺で

下げてくるかなと思いましたが

キープしてる状態です。

 

8月3週目の日経平均株価の相場予想

2016-08-14_142417

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

 

来週の日経平均株価

17,000円を前に下げて

レンジが継続するのか

 

 

はたまた超えてきて

上昇トレンド入りするのか

17,000円が大事なポイントになるでしょう。

 

 

過去3月、4月、5月と再三

壁を作ってきたラインになります。

 

 

易々と超えていくのは

なかなか考えづらく

下げてくるかなという予想です。

 

 

17,000円に差し掛かって

陰線で戻されたとしたら

下げの兆候でしょうか。

 

 

 

上限に当たり下げてくると見て

16,300~17,000円の値幅での

レンジ継続と予想しています。

 

 

陰線が出たら短期的に売りで

勝負してみるのもありかなと

そんな場面と捉えています。

 

 

日経平均株価:週足チャート

2016-08-14_143309

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

 

気持ち大きめに取りますが

週足チャートで見ると

14,800~17,200円幅が

レンジの値幅です。

 

 

17,000円を超えてきたら

上昇への警戒心を強め

損切りに動くべきでしょうが

 

 

上値の重い感じは拭いきれませんし

17,200~17,500円までは

レンジ上限と見ることもできます

 

 

いずれにしろ

トレードをするなら短期目線

これは持ち続けるべき視点でしょう

 

8月3週目の日経平均株価の相場振り返り

2016-08-21_144226

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

8月3週目の日経平均株価

17,000円には届かずに

陰線が出て戻される形で

下げてきました

 

 

上昇トレンド入りはならず

レンジ継続ですね。

 

8月4週目の日経平均株価の相場予想

2016-08-21_144809

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

17,000円を超えることなく

下げる形でレンジを継続。

 

 

日経平均株価は

来週も下げやすいと見ています

 

 

 

ただ

16,500円のところで

どうしようか悩んでるようにも

見える状況ですね。

 

 

 

順当にレンジ相場となれば

週後半にかけて

16,000円を目指すように

下げてくると見ていいでしょう。

 

 

16,000円まで下げてきたならば

そこで下げ止まれるのかどうかで

今度は下落トレンド入りを

見極める必要が出てきます

 

 

もしくは

上昇すると考えるならば

16,500円を割り込まずに

再度17,000円を陽線で

超えてくる動きが必要でしょう。

 

 

来週1週間は目先下です。

 

レンジ予測と考えて

17,000円付近

売りエントリーしていた人は

利確に動いてもいいのではないでしょうか。

 

 

反対に買いで待つ人は

16,000円を目処に狙ってみるのも

レンジと考えるのであればありでしょう。

 

 

ただし

16,000円を割り込んだら

一気に値崩れする恐れも

かなり高まっています。

 

 

為替も円高に振れており

100円を下回ってくると

やはり弱気に見るべきですね。

 

8月4週目の日経平均株価の相場振り返り

2016-08-29_073208

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

 

8月4週目の日経平均株価

16,500円を支えとしながら下げ渋り

値動きがほとんどありませんでしたが

金曜日にようやく下げの動きが出ました

 

 

依然、方向感ははっきりとは出ず

レンジ相場はなかなか抜け出ません

 

 

エントリー判断をするには

難しい状況が続いています。

 

8月5週目の日経平均株価の相場予想

2016-08-29_074134

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

 

継続して下げ目線で考えていますが

週末にアメリカの雇用統計を控え

それまで今週もあまり大きな値動きは

起こらないのではないかと見ています

 

 

 

レンジ相場では移動平均線は

あまり役に立ちにくい場面ですが

このまま下げていくことがあると

 

 

5日、25日、75日移動平均線

全部が下を向いてきて

デッドクロスしてきますので

トレンドが出てくる可能性があります。

 

 

16,000円を割り込むかどうか

下落トレンド入りの目安として

注目しておく必要がありますね。

 

 

一方で

16,500円を軸として

下げ渋る場面が続いており

反転して上昇も考えられます

 

 

上昇の場合は

相当に重くなっている

17,000円付近のレンジ上値を

抜けてこれるかが注目ポイントです。

 

 

そこを上抜いてくるようだと

全ての移動平均線が上を向き

上昇トレンド入りも考えられます。

 

 

今週すぐに動きが出ることは

ないとは思っていますが

引き続き16,000~17,000円のレンジを

どう抜けてくるか観察していきましょう

 

8月5週目の日経平均株価の相場振り返り

2016-09-02_181819

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

8月5週目の日経平均株価

17,000円を目前に足踏み中ですが

5日連続の陽線と強めな印象です。

 

 

17,000円の壁は強く意識されていて

易々とは抜けていけないでしょうが

 

 

前回の16,000円までの下げよりも浅く

下値を切り上げての反発です。

今度こその期待は高まります

 

9月1週目の日経平均株価の相場予想

2016-09-02_182418

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

 

8月中はずっと下げ目線

いつ下落が始まるかなと

注意して見ていましたが

 

 

どうも上に抜ける可能性が

出てきたような感じがします

 

 

17,500円付近までは

レンジ上限とも見れますので

まだまだレンジの範囲内と言えば

そうなってしまうのですが

 

 

下値は切りあげる形

上値は17,000円で抑えられ

三角持合いになってきています。

 

 

来週、9月1週目の下げが更に浅く

16,600円付近で止まって反発すると

いよいよ抜け出るのではないでしょうか

 

 

ただし

本日9月2日の夜には

アメリカの重要経済指標

雇用統計の発表があります

 

 

その結果によっては

一気にどちらかに振れることも

十分に考慮しておかなければなりません

 

 

上昇ムードが高まってきたチャートですが

上げては大暴落を繰り返すというのが

今年のパターンでもあります。

 

 

16,000円を割り込むような

大きな下げを伴うようであれば

反転、下げ目線を持ちましょう

 

 

日経平均株価:月足チャート

2016-09-02_183739

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

 

月終わりなので

日経平均株価の月足チャートも

見ていきますが

 

 

やはりまだ

下限15,000円、上限17,500円の

ボックス圏の範囲内と言えます。

 

 

9月は上に行ったとしても

17,500円に当たったら下げて

また下に向かうのではないかと

中期的にはそのように考えています。

 

 

9月は配当の出る銘柄も多く

買いが先行する可能性はありますが

月末にドカンと下げられる危険性も

頭に入れて戦略を練りましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ