2016年12月の日経平均株価の相場振り返りと今後の予想

2016-12-12_042543

スポンサーリンク

12月1週目が終了しました。

日経平均株価の相場振り返りと

今後の予想をしていきます。

 

 

まずは

先月11月の振り返りから

見ていきましょう。

 

 

11月9日にはアメリカ大統領選があり

予想とは反対にトランプ氏の勝利

大きな波乱を巻き起こしました

 

 

そして

トランプ氏が勝利したら

株価は下がると言われてましたが

 

 

蓋を開けてみれば

トランプ氏勝利の翌日から上昇と

全く逆の動きとなりました

 

 

今年6月のEU離脱問題しかり

世界規模のビッグイベントの後は

即座に反転することも少なくありません

 

 

よく分からない情報を鵜呑みにして

こうなるだろうと決めつけるのはダメ

いい教訓になりましたね。

 

 

2016-12-12_041341

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

 

先月の日経平均株価は

上昇を継続する形となりまして

 

 

12月1日の上ヒゲ陰線を機に

一旦は下げるかと思いましたが

再度、上昇へと向かって来ています。

 

スポンサーリンク

12月2週目の日経平均株価の相場予想

2016-12-12_042543

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

先ほども述べましたが

18,500円で上ヒゲ陰線が出て

上げ止まりの感じもしたのですが

 

 

今週またトントンと超えてきて

上昇の勢いが戻ってきましたね。

 

 

日経平均株価:週足チャート

2016-12-12_042322

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

日経平均株価:月足チャート

2016-12-12_042409

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

 

週足チャート、月足チャートは

非常に上昇へいい形に整っていて

昨年の高値を超えてくるようだと

長期的にも上げ目線と見るべきでしょう。

 

 

今年中に20,000を目指す動きも

ありえる展開となりましたね。

 

 

とは言っても

日経平均株価にとって20,000円は

大きな壁になるはずですので

 

 

一気に超えてくることは

さすがにないでしょう。

 

 

そこで

まず注目するべき点は

20,000に届くのかどうかです。

 

 

18,500円付近で

一度上げ止まりそうになりましたので

今後も上げ止まるような状況が出たら

利益確定の売りから一旦の調整はあるでしょう。

 

 

20,000円に届かずに落ちるようなら

大きめに調整が入る可能性がありますし

 

 

20,000円を試す場面があれば

18,500円で上げ止まった時みたいに

少しの下げで超えることもありえます。

 

 

中長期的には上昇と見ていますが

日経平均株価にとって重要局面となる

20,000円に迫ってきていますので

 

 

慎重にトレードをするのであれば

一度押し目を迎えるまでは

待つべきかなと思います。

 

12月2週目の日経平均株価の相場振り返り

2016-12-17_173505

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

 

先週、トントントンと500円値を上げてきて

陰線も多くなってきて上げ止まった感じも

少々してきてはいます

 

 

日経平均株価12月16日終値

19,401.15円引き続き続伸となりました。

 

12月3週目の日経平均株価の相場予想

2016-12-17_174337

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

 

いよいよ日経平均株価は

大台の20,000円まで

あと600円というところまで

上昇してきました。

 

 

ちょうど1年前あたりは

同じ価格帯で推移していて

そこから大暴落となったわけで

 

 

日経平均株価において

20,000円という価格帯は

否が応でも意識されるところでしょう。

 

 

トランプ氏への実体の見えない期待感から

円安&株高は継続してきているわけですが

一気に20,000円を超えることは

さすがに厳しいと考えられます。

 

 

来週は20,000円を目指す動きも

もちろん考慮するべきですが

 

 

利益確定を検討している人は

確実に増えてきている

思っておいた方がいいですね。

 

 

上げ止まってきたのであれば

今度こそ調整の下げが入ることも

可能性として十分にありますので

その点には注意しておきましょう。

 

 

現段階で買いポジションの方

いつでも利益確定に動けるように

準備をしておいてください

 

 

また

これから売りで入ってみようかと

考えている方も要注意です。

 

 

5日、25日、75日移動平均線と

短期、中期、長期で上げていますので

上昇が強い相場環境だと言うことは

間違いないです。

 

 

下げる予兆が見えたからと言っても

20,000円への期待感もありますし

一発でガツンと下げるかと言うと

そうはならないかなと思います。

 

 

単純に逆張りで大きな下げを取ろうとすると

再度浮上してきた際に大怪我をしますので

短期的なトレードに留めることを推奨します。

 

12月3週目の日経平均株価の相場振り返り

2016-12-23_174758

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

 

今週1週間は19,400円付近で行ったり来たり

日経平均株価は19,500円に差しかかかり

上昇の勢いを弱めて横ばいになってきました。

 

 

来週も上昇の動きが見られず

このまま勢いが弱まるようなら

一旦の調整の下げが起きそうです。

 

12月4週目の日経平均株価の相場予想

 

2016-12-23_175816

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

 

19,500円のところで上値が重く

上昇の勢いが止まってきました。

 

 

20,000円を目指したい思惑

この辺でもう利益確定したい思惑

 

両者が合わさった結果

横ばいになってきたのでしょう。

 

 

先月末から今月初めにかけて

18,500円のところでの動きと

似たような形となっていますね。

 

 

18,500円のときは下がりきらず

利益確定の売りの勢いを

上昇の勢いが上回ったわけで

 

 

今回も同様に

利益確定の売りに負けず

上昇に転じる可能性もありますが

 

 

500円上には20,000円と

日経平均株価にとって重要局面が

待ち構えていることを踏まえると

 

 

今回は利益確定の売りに押されて

一旦は下げの調整が入るのが

妥当かなという気がします

 

 

来週以降下げるとしたら

19,000円付近で25日移動平均線と

ローソク足がぶつかる形となりそうなので

 

 

そこで

再度上昇に向かうのか見極めてから

買いで入るスタンスでも遅くはないです。

 

 

上昇の流れだからと

単純に買いを入れてしまうと

 

 

ガツンと下げられて

大きな損失を被る危険性がありますので

決してやらないようにしてください。

 

 

 

半年前、年初来安値だったころは

15,000円だったわけですので

そこから30%ほど上昇しています。

 

 

いつ大きな下げが来てもおかしくない

これは常に頭に入れておき

柔軟に対処できるよう準備しておきましょう。

スポンサーリンク

2 Responses to “2016年12月の日経平均株価の相場振り返りと今後の予想”

  1. より:

    いつもこのサイトの予想を拝見しております
    初学者にもわかりやすくかみくだいて説明してくれるところが素晴らしいと思います

    今後とも善いHPを発信していってください
    応援しています

    • kabutoshi より:

      Aさん
      コメントありがとうございます。

      日々勉強を重ね精進してまいりたいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ