2017年2月の日経平均株価の相場振り返りと今後の予想

2017-02-04_183700

スポンサーリンク

2月1週目が終了しました。

日経平均株価の相場振り返りと

今後の予想をしていきます。

 

 

まずは

日経平均株価の週足・月足チャートから

中長期的な流れを確認しておきましょう。

 

 

日経平均株価:週足チャート

2017-02-04_183457

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

 

週足チャートを見ると

昨年の10月から12月まで

3か月間続いた上昇相場も

20,000円を前にして完全に横ばい

なったのが分かりますね。

 

 

先週の上昇で巻き返し

高値を超えてくるようだと

20,000円を超えることも

十分に考えられましたが

 

 

今週また陰線で

19,000円を割りこんできましたので

どちらかと言うと弱いでしょう。

 

 

日経平均株価:月足チャート

2017-02-04_183700

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

 

2月、3月と下げが浅く

18,000円を割らないで返せれば

上昇トレンドに再挑戦することも

ある展開となりそうです。

 

 

ただし

陽線で上がって行った後に

上ヒゲが並んで陰線で返すと

暴落の危険性も高い印象も受けます。

 

 

2015年8月、12月からの暴落も

月足チャートで陽線、陰線が並び

そこからの崩れによるものです。

 

 

2月、3月に暴落が起こる可能性も

気を付けておいた方がいいでしょう。

 

スポンサーリンク

2月2週目の日経平均株価の相場予想

2017-02-04_185411

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

 

日経平均株価の動き

ボックス相場継続中

レンジ下限に近付いています

 

 

また

下から75日移動平均線も上がってきており

一度は反転する可能性が高いでしょう。

 

 

18,700円付近がレンジ幅下限ですが

そこに当たって上に返すようなら

超短期的に買いエントリーもありです。

 

 

一方で

ボックス下限のあたりで戻らず

75日移動平均線の割り込み

下げてくるようなことがあれば

暴落の序章の可能性が高まります。

 

 

ボックス相場の下限に来たからと

買いエントリーを入れっぱなしだと

痛手を負う危険性もありますので

損切り、利確は確実に行いましょう。

 

 

さらに

もう少し先のことを考えると

またボックス相場上限まで戻すのか

途中の19,000円あたりで止まるのか

 

 

ボックスを抜けた後の動きも考慮して

そのあたりも注目しておくといいと思います。

 

2月2週目日経平均株価の相場振り返り

2017-02-13_002644

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

 

2月2週目に日経平均株価

ボックス相場の底値付近から反発

471.26円上昇と急騰しました。

 

 

チャートの形としては

ボックス圏高値付近に来たとともに

W底が完成しつつあります

 

2月3週目の日経平均株価の相場予想

2017-02-13_002915

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

 

2月3週目の日経平均株価の動き

上昇パターン、下落パターンの両にらみ

難しい局面となりそうです。

 

 

ボックス相場が継続しているとするなら

レンジ上限付近の19,500~19,600円

そのあたりで下落に転じる可能性が

高くなってくるでしょう。

 

 

もしくは

W底としてとらえるのであれば

ボックス圏上限を超えていき

上昇トレンドとなりそうです。

 

 

雰囲気としては上昇していきそうですが

昨年からかなり上がってからなので

怖いかなという感じもします。

 

 

週後半に入りどちらかの兆候が

はっきりとするのであれば

入ってみるのもありですね。

 

2月3週目日経平均株価の相場振り返り

2017-02-20_004150

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

 

2月3週目の日経平均株価

ボックス圏上限付近の19,500円を

なかなか超えることが出来ず

 

 

寄り付きは高く始まるものの下落が続き

5営業日中4日間が陰線となりました。

 

 

W底からの上昇とはならず

ボックス相場が継続した状態です。

 

2月4週目の日経平均株価の相場予想

2017-02-20_004600

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

 

ちょうど今年の初めから

ボックス相場入りしたと見ると

 

 

レンジ下限に2回、上限に2回

そろそろどちらかに決着がついて

大きく動き出してもいいのかなという

頃合いに感じます。

 

 

今の下落が続いて

18,800~19,000円付近の

レンジ下限に差し掛かってくると

 

 

下から上がってきている

75日移動平均線とちょうど

接する形になりそうです。

 

 

そこで

もう一度サポートされて

再浮上していくことが出来るのか

 

それとも

75日移動平均線を割りこんで

そのまま下げていってしまうのか

 

 

来週以降は最も注目すべき点は

75日移動平均線との絡みでしょう。

 

 

レンジ上限の19,500円付近の価格帯は

非常に重たい感じがしてきていますので

どちらかというと下げていくのかなという

面持ちで考えています。

 

2月4週目日経平均株価の相場振り返り

2017-02-26_205204

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

 

2月4週目の日経平均株価の動き

25日移動平均線で支えられ反発するも

レンジ上限に近づくと下げてきています

 

 

ただし

月曜日と金曜日の終値がほぼ同じで

値動きの小さい状況であり

来週のトランプ大統領の発表を前に

様子見ムードも覗えましたね。

 

2月5週目の日経平均株価の相場予想

2017-02-26_210216

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

 

19,600円で抑えられていた高値が

19,500円となり、19,400円となり

だんだんと低くなってきています

 

 

 

いよいよ

レンジ上限はかなり重たい印象

強くなってきたのではないでしょうか。

 

 

今週レンジ上限で抑えられた

来週の日経平均株価の動きは

下限に向かって下落していくのかなと

考えています。

 

 

もし下落するようであれば

先週から繰り返しになりますが

19,000円付近で75日移動平均線と

ローソク足がぶつかる形となります。

 

 

そこで支えられて再度反発するのか

割り込んで下げていってしまうのかが

今後の値動きの方向性としては

重要になってくるでしょう。

 

 

上値が重い感じは否めませんので

そろそろ15%近い暴落が来たとしても

おかしくはない状況に思えます。

 

 

現状としては

レンジの範囲内にありますので

エントリーはトレンド感が出てから

と徹底するようにしましょう。

スポンサーリンク

3 Responses to “2017年2月の日経平均株価の相場振り返りと今後の予想”

  1. より:

    同意です(≧▽≦)
    とてもわかりやすい解説でした!

    三連騰のあとの2月22日(水)は19400円上限付近ということでやや日経平均が弱かったですね

    ただ、日経平均の弱さを気にして急騰中の東芝にツッコめずに見送るというボーンヘッドをやらかしてしまいました(´;ω;`)

    日経平均が上限付近で落ちそうな中での上昇順張りというのは怖いですが、あまり日経平均ばかりに気を取られてもいけないですね!難しい!(結果論)

    • kabutoshi より:

      Aさん
      コメントありがとうございます。

      >日経平均の弱さを気にして急騰中の東芝にツッコめずに見送るというボーンヘッドをやらかしてしまいました(´;ω;`)
      私はファンダメンタルをあまり重要視していないので詳しくは分かりかねるのですが、東芝のように粉飾決算など重大な問題を抱えてる銘柄は急な浮き沈みが激しく動きが読みにくいかと思います。
      急騰に飛びついたら伸びないということも少なくないですし、予想になかった動きには惑わされないようにと私は考えています。
      どうしてエントリーをしたのか明確に理由がないときほど、その後の抜けどころに迷ってしまいがちです。
      もったいないような気もしますが、見送りもそんなに悪いことではないと思いますよ。

      >日経平均が上限付近で落ちそうな中での上昇順張りというのは怖いですが、あまり日経平均ばかりに気を取られてもいけないですね!難しい!(結果論)
      どうしても日経平均に連動しやすいわけですが、あくまでも平均でしかないですので、個々の銘柄で動きが異なってきます。
      日経平均に過熱感があって下げそうに感じているのであれば、利益確定や損切りを普段よりタイトにするなど持ちすぎないようにしてみるのはいかがでしょうか。

  2. より:

    こちら日経先物です
    https://www.sbisec.co.jp/ETGate/?_ControlID=WPLETmgR001Control&_PageID=WPLETmgR001Mdtl20&_DataStoreID=DSWPLETmgR001Control&_ActionID=DefaultAID&burl=iris_indexDetail&cat1=market&cat2=index&dir=tl1-idxdtl%7Ctl2-JNIc1%7Ctl5-jpn&file=index.html&getFlg=on

    19500円まで迫った前回の上限とちがい
    今回の上限は19400円 前回より低い2番天井ということで、もうみんなの買いパワーは吐き尽くした印象です(^ω^)

    売り下落へ向かうパターンになる可能性が高めですね(※長期的には)

    ただ、短期的には22日・23日開始前の日経先物は下ヒゲを伸ばしつつも「また上がって戻る」というパターン
    すぐに下落とはならずはっきりしない状態ですねぃ~(/・ω・)/

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ