2017年7月の日経平均株価の相場振り返りと今後の予想

2017-07-08_012023

スポンサーリンク

7月1週目が終了しました。

日経平均株価の相場振り返りと

今後の予想をしていきます。

 

2017-07-08_010411

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

 

今週の日経平均株価の動き

20,000円を中心として行ったり来たり

小幅な値動きながらわずかに割り込んで

今週の引値となりました。

 

 

20,000円の節目と25日移動平均線は

下支えのサポートとして

意識されやすいポイントでしたので

割り込んだことで下落が考えられますが

 

 

陽線で引けたこともあり

まだ一方的に売り優位とは

言いにくい状況のままです。

 

 

月初めですので

日経平均株価の週足・月足チャートから

中長期的な流れを確認しておきましょう。

 

日経平均株価:週足チャート

2017-07-08_011503

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

 

週足チャートを確認すると

引き続き横ばいが継続中ですが

上ヒゲが目立ち、連続陰線と

やや下降傾向に見えます。

 

 

最近は為替が円安に振れており

それに引っ張られるように

日経平均株価も上げてきてはいますが

 

 

為替が崩れ出すと

3月から4月にかけて下げたように

下落が起こる可能性があるでしょう。

 

 

日経平均株価:月足チャート

2017-07-08_012023

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

 

週足チャートでは

少し弱めな動きに見えていましたが

月足チャートでは引き続き上昇傾向です。

 

 

今月、来月と続けて20,000円で抑えられ

陰線が連続するようだといよいよかなと。

 

 

ただし

目先は上昇トレンドが続いていますので

過度な売りは危険な状況でしょう。

 

スポンサーリンク

7月2週目の日経平均株価の相場予想

2017-07-08_012733

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

 

現在の日足チャートを見てみると

来週の日経平均株価の動きは

下げが続きそうな感じがします。

 

 

再度20,000円に挑戦して下げるか

そのまま19,500円を目指して下げるか

 

 

下落するとしたら

75日移動平均線があるあたりの

19,500円が目安となりそうです。

 

 

一方で

為替が順調に上げてきていますので

一転上昇する可能性も考えられます。

 

 

為替ドル円:週足チャート

2017-07-08_013359

[出典:http://fx.minkabu.jp/pair/USDJPY]

 

 

為替のドル円は週足チャートでW底

115円を超えていくようだと

かなり強い上昇となりそう

120円を狙う可能性も出てきます。

 

 

しばらくは

為替の動きにも注意しながら

日経平均株価の動きを追わないと

急な変化に対応出来ないかもしれません。

 

7月2週目日経平均株価の相場振り返り

2017-07-18_002334

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

 

今週の日経平均株価の動き

20,000円を回復しキープしてますが

後半は3連続陰線と少し弱気

 

 

5月、6月、7月と値動きは小さく

横ばいが続いている状況です。

 

7月3週目の日経平均株価の相場予想

2017-07-18_002844

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

 

来週の日経平均株価の動き

上下に振れる動きが出るのかどうか

まずは見極めていきたいところです。

 

 

引き続き値動きがないのであれば

無理にエントリーはすることなく

様子をうかがう方がいいでしょう。

 

 

20,000円を超えて推移はしてますが

これ以上、上がらない雰囲気がします。

 

 

今のままの横ばい状態が

もう少し続くのかもしれませんが

いずれ下落に転じる可能性が

やや高いように思います。

 

7月3週目日経平均株価の相場振り返り

2017-07-22_184142

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

 

今週の日経平均株価の動き

依然、20,000円を節目とする

こう着状態が続いています。

 

 

なにか大きく値動きをするきっかけが

起こらないことには抜け出せなそうです。

 

7月4週目の日経平均株価の相場予想

2017-07-22_184832

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

 

来週の日経平均株価の動き

まずは引き続き横ばいが予想されます。

 

 

上昇に転じるとすれば

20,200円および20,300円の

ボックス上限をブレイクする必要があり

 

 

そこを陽線でポンと飛び出すまでは

買いエントリーは難しいでしょう。

 

 

反対に下げに転じるとすれば

まず20,000円を割り込んだ後に

下から上がってくる75日移動平均線で

どうなるかが重要なポイントとなります。

 

 

今年の3月から4月にかけての下落のように

ローソク足に段々と近づいてきた

75日移動平均線を割りこむと

大きな下げとなる可能性が高いです。

 

 

現状は2月時点と似たような状況

本格的な下落となるためには

もう少し時間がかかりそうです。

 

 

しばらく横ばいが続き

相場環境に迷いがありますので

買い・売りともに持ちすぎは厳禁

早めの利益確定を心がけましょう。

 

7月4週目日経平均株価の相場振り返り

2017-07-29_121309

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

 

今週の日経平均株価の動き

週前半で20,000円を回復するも

25日移動平均線に押される形で

また20,000円を割って引けました

 

 

引き続き値動きは小さく

ボックス圏内に留まっています。

 

 

そろそろ上昇、下降の

どちらかに動き出しそうですが

機会を覗っている状態ですね。

 

8月1週目の日経平均株価の相場予想

2017-07-29_124903

[出典:松井証券ネットストック・ハイスピード]

 

 

来週の日経平均株価の動きは

19,800円のボックス下限でどうなるか

注目していきたいと思います。

 

 

現在の日経平均株価

下限19,800円~上限20,300円ほどの

ボックス圏内にあると考えられます。

 

 

また

来週、ボックス下限で下落が止まる

さらに75日移動平均線が下から上がり

株価を押し上げる可能性があります。

 

 

しかし

ボックス下限75日移動平均線

下支えの要因として機能しそうですが

 

 

そこを株価が割り込んでくるようだと

大きな下落となる可能性が高まります

 

 

来週の日経平均株価は

反発するのか、続落するのか

見極めが大事な局面となりそうです。

スポンサーリンク

One Response to “2017年7月の日経平均株価の相場振り返りと今後の予想”

  1. ぽぱたん より:

    2取引日後(8月15日)の21時前後
    ドル円=108円50銭
    日経平均先物=19220円
    投資は自己責任☆

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ