低資金投資家が特定口座の源泉徴収なしを選ぶ2つのメリット

tokuteikoza_gensentyosyunashi

スポンサーリンク

株式投資を始めるには

証券会社に口座開設をしますが

口座にも種類があることはご存知でしょうか?

 

 

  • 一般口座
  • 特定口座「源泉徴収あり」
  • 特定口座「源泉徴収なし」

 

 

 

私たち投資家は

この3つの口座から選択して

口座開設することになります。

※もう一つNISA口座もありますが話が逸れるので今回は除外いたします。

 

 

一般口座は

株の取引にかかる税金を

自分で計算して納税する必要があり

 

確定申告の書類など用意するのが大変なので

選ぶ必要は一切ありません。

 

 

もし、あなたが

低資金で株式投資を始める

個人投資家の方であれば

 

 

特定口座「源泉徴収なし」

選択することをおすすめします。

 

 

特定口座の

「源泉徴収あり」と「源泉徴収なし」の違いと

「源泉徴収なし」のメリットについて

ご紹介していきます。

スポンサーリンク

特定口座の「源泉徴収あり・なし」の違い

まず

特定口座がどういうものか

説明いたします。

 

 

特定口座は

2003年から導入されたもので

 

 

証券会社が

私たちの代わりに

株取引の報告書を作成してくれる

非常にありがたい口座になっています。

 

 

その

証券会社が作ってくれた

年間取引報告書は税務署に提出されますので

それを元に納税をするということになります。

 

 

 

「源泉徴収あり」を選択している場合

取引で利益・損益が出る度

証券会社側で納税・還付の手続きをします

 

 

なので

私たち投資家は税金について

全くノータッチで問題ないということです。

 

 

会社員の方が

源泉徴収で給料から税金を天引きされ

年末調整で終了しているのと

似たようなものですね。

 

 

一方

「源泉徴収なし」を選択した場合

証券会社が私たちの取引をまとめて

年間取引報告書として税務署に提出する

 

ところまでは同じくやってくれます。

 

 

では

「源泉徴収あり」のときと

なにが違うのかと言うと

 

 

取引の都度

税金の納税義務が発生しないのが

大きな違いで

 

自分で確定申告することで

納税が果たされる仕組みになっています。

 

 

 

特定口座「源泉徴収あり」が

すごいラクチンでいいじゃないか

と思うかもしれませんが

 

 

低資金で始める投資家には

特定口座「源泉徴収なし」を選ぶことで

得られるメリットがあるんですね。

 

特定口座「源泉徴収なし」の2つのメリット

メリット①:資金効率がいい

源泉徴収なしでは

取引で利益が出たときでも

その場で税金を引かれることがないので

資金効率が良くなるメリットがあります。

 

 

例えばですが

20万円の資金を持っていたとして

株の売買をして5万円の利益が出たとすると

 

 

株の利益にかかる税金は20%なので

1万円が税金として引かれます

 

 

源泉徴収ありでは

実質手元に残る金額は

 

200,000+40,000=240,000円

となります。

 

 

それが

源泉徴収なしであれば

税金は取引時には引かれないので

利益すべてが手元に残ります

 

200,000+50,000=250,000円

 

 

たいして違わないじゃん

と思われるかもしれませんが

 

 

低資金で取引をしていると

けっこうこの細かい資金の差が影響してきて

 

あと1万円あればもう100株買えるのに…

という状況がけっこう出てきます。

 

メリット②:利益20万円まで申告義務なし

このふたつめのメリットが

低資金投資家が源泉徴収なしを選ぶ

最大のメリットかもしれません。

 

 

会社にお勤めの

サラリーマンの方は

自分で確定申告などせずに

 

源泉徴収で給料から税金が天引きされ

年末調整をして終わりの人が大半でしょう。

 

 

そうすると

年間20万未満の株の利益は

申告義務がありませんので

確定申告をしなくてもお咎めはありません。

 

 

なので

実質、株の利益にかかる税金を

ゼロにすることができるんですね。

サラリーマンが株の利益20万円までの税金を無料にする方法

 

 

本当は申告した方がいいんでしょうけど

税務署側も全員にいちいちされても

仕事が増えてたまったもんじゃないでしょうし

義務がない以上は大丈夫ということにしましょう。

 

 

ちなみに

利益20万円の税金は4万円です。

 

 

手元に残るのは16万円ですので

けっこう値減りした感じがしませんか?

私はした気がします 笑

 

 

私個人的な感覚としては

資金額50万円ほどまでは

低資金と捉えていますが

 

 

その金額で

20万円の利益を出すのは

非常に困難だと思いますので

 

 

節税という観点からも

特定口座「源泉徴収なし」の選択

考えてみてもいいのではないでしょうか?

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ